【F1:ハロにまつわる疑問3】脱出する際の妨げになるのか?

来季からF1に投入されることが決まったハロ。それにまつわる6つの疑問を、順番に検証していく。その3回目は「脱出の問題」

【F1:ハロにまつわる疑問3】脱出する際の妨げになるのか?

 2018年から、F1マシンにはコクピット保護デバイス”ハロ”を装着することが義務付けられることになっている。

 昨年ハロのテストが行われた際、数人のドライバーはコクピットからの脱出が簡単ではないと主張した。その主な原因は、当時使われていたダミー仕様のハロは、ドライバーの体重を支えることを考慮していなかった。そのため、自力で脱出することが難しかったのだ。

「通常の脱出については、ほとんど問題なかった」

 FIAのセーフティ・ディレクターであるローレン・メキーズはそう語った。

「あるドライバーは、それが重大な問題だと感じていた」

「我々がハロをテストした時、その95%は非構造物だったため、ドライバーはマシンから脱出する時に、手をかけることができなかった。そして、むしろ面倒な状況に陥った」

 事故が起きた際には、マーシャルがドライバーを簡単に引き出せるようになっていることが、テストによって示されている。ハロの開口部は、コクピットの開口部と同様の形状になっているのだ。

【関連ニュース】

【F1:ハロにまつわる疑問2】視界は大きな問題となるのか?

【F1:ハロにまつわる疑問1】ハロは本当に安全性向上に貢献するのか?

スチュワート卿「ハロ批判は、過去の安全政策への抵抗だ」

プロスト「ハロはF1のDNAに反する」デバイスの見た目に言及

ベッテル「ハロを反対するなんて"無知で愚か"だ」

シェア
コメント
【F1】好調のヒュルケンベルグ「2017年のマシンが自分に合っている」

前の記事

【F1】好調のヒュルケンベルグ「2017年のマシンが自分に合っている」

次の記事

【F1】マッサ「僕のデビュー当時から、F1の本質は変わっていない」

【F1】マッサ「僕のデビュー当時から、F1の本質は変わっていない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper