【F1】ハースのスポーティングディレクター、チーム離脱が決定

ハースのスポーティングディレクターを務めるデイビット・オニールが、チームを離脱することが決まった。

 ハースF1チームでスポーティングディレクターを務めてきたデイビット・オニールは、イタリアGPを最後にチームを去ることになるという。

 2014年の後半にハースへ加入したオニールは、チームが2016年からF1へ参戦するための手配などを行い、トラックスタッフの日々のマネージメントを行なってきた。

 かつては短期間ではあるがA1GPなどでも仕事をし、その後はジョーダンに7年間在籍してチームマネージャーを務めた。

 またマルシャF1チーム(後のマノー)の立ち上げの際には同チームに引き抜かれ、2010年にマルシャがデビューした後はチームマネージャーとして働いていた。

 オニールはイタリアGP後にハースを離れる予定であり、その後はDKRテクノロジーズという団体で、元レッドブルのチーフメカニックであったケニー・ハンドカマーと共に仕事をするという。

 なおオニールの後任として、ルノーのコーディネーターであるジェフ・シモンズがハースへ加入することが決まっている。シモンズは、日本GPを最後にルノーを離脱するものと見られている。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、オニールについてこう話した。

「彼はチームを離れることになる。今はここにはいないが、あと何度かサーキットへ来る予定だ」

「デイビットは家庭の事情でチームを離れ、アメリカへ行く。我々のために仕事をすることはなくなるが、もう何レースかはサーキットへ来て、それから離脱することになるだろう」

「彼の会社について詳しいことは知らないが、彼がそこで仕事をするのは自由だ。我々は良い関係を築くことができていたし、彼は大いに我々を助けてくれた」

 またルノーのシリル・アビテブールは、以下のように語った。

「シモンズがチームを離れるということは確認している。彼に関するアナウンスは、するかもしれないし、しないかもしれない」

「ジェフはエンストンにとっても重要な人物だ。ルノーやロータスだけでなく、(かつて所属していた)ベネトンにとってもそうだった」

「ジェフが遠くへ行こうとそうでなかろうと、彼は”エンストン・ファミリー”の一員だったのだから、彼のためにお別れパーティーを準備すべきだ。彼の移籍に際して、これを最初にしないといけない」

【関連ニュース】

ハースF1オーナー、トップ3チームとの差に「本当に落ち込む」

ハース、”2年目のジンクス”回避。チーム代表もスタッフを誇る

F1ベルギーGP FP2詳報:ハミルトン首位。フェラーリに0.2秒差

レッドブル、低ダウンフォース仕様のセットアップを断念か

バンドーン、PUに加えギヤボックスも交換。合計40グリッド降格

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース