【F1】ハース代表「ロス・ブラウンは新時代F1を担う理想的な人物」

ハース代表のギュンター・シュタイナーは、リバティ・メディアがサポート役としてロス・ブラウンを選択したのは正しい判断だと評価している。

 F1の新オーナーであるリバティ・メディアは、バーニー・エクレストンを名誉会長に就任させ、新たに同社のチェイス・キャリーをCEOに据えた。このキャリーをサポートする役目を担うため、リバティは元ブラウンGPの代表であり、ベネトン、フェラーリ、そしてメルセデスで手腕を振るったロス・ブラウンを、スポーティング面のマネージングディレクターに起用した。

 F1参戦2年目を迎えるハースの代表であるギュンター・シュタイナーは、ブラウンの経験と、彼が最近いずれのチームにも所属していなかったという事実により、彼こそが今回の役割に最適な人物だと考えている。

「私の考えでは、彼らはロスを起用するという非常に良い決断を下した」

 シュタイナーはそう語った。

「彼は理想的な候補だ」

「彼はF1を知っている。それを証明するものは何もないが、そんな必要などない。それは、良い仕事をするためには適している要素だ。なぜなら、意思決定をしたり、逆にそれをしないことを決めることもできる」

「F1は良い未来を手にしたと思う。しかし、F1で働いたことがある人なら誰しも、我々が今いる場所に連れてきてくれたことに感謝しているはずだ」

 シュタイナーはF1を成功させるためにエクレストンが成し遂げてきた仕事に敬意を表すると共に、リバティ・メディアが急進的な変化を起こさずとも、F1には素晴らしい未来があると信じている。

「今のF1は、バーニーなしでは存在しなかっただろう」

 そうシュタイナーは言う。

「我々は、彼に対して大きな敬意を払わなければならない。なぜなら、彼はかなりお歳を召しているから」

「彼のいないF1? 我々は重要なキャラクターを失うことになるが、それは進んでいくだろう。何事の後には、いつも何かがある。そして、新しい株主が素晴らしい仕事をしてくれることを願っている。バーニーのそれより良い仕事をね。もし彼らがバーニーと同等に良い仕事をするならば、長きにわたって良いスポーツになるだろう」

欧米化するF1

 またシュタイナーは、新たなパートナーシップやスポンサーシップ先を獲得するためにもF1を商業化することが、今後F1が生き残っていくための手立てのひとつだと考えている。

「F1はすでに商業的なスポーツになっている。しかしリバティ・メディアは新しい人々をF1に流入させ、ファンの母数を増やすための仕組みか何かを考えなければならないのは確かだと私は思う。彼らがそうすることを願っているし、そもそも彼らはそのようなことができる良い環境にいる」

「チェイス・キャリーは、厳しいビジネス環境で収益を得て生き残ってきた経験豊富な男だ。私は彼らが今回のビジネスを成長させるのに成功することを願っている。それが我々にとって最も重要なことだ」

「彼らがどのようにF1を成長させるかについて少しずつ情報が明らかになってきているが、我々は具体的な計画や手段を知り得ていない」

「アイデアはたくさん浮かんでいるのだろう。最近、チェイス・キャリーがアメリカの大きな番組でインタビューを受けていたのを私は見た。その時に彼が何を考えているのか少しわかった気がする」

「そこでは『なるほど! それは私も思い浮かばなかった』というような話はなかった。しかし彼らは少しでもF1を改善したいと思っていて、世界中に張り巡らされたメディア力を活用するつもりであり、予算制限を導入するだろうと私は感じた」

Additional reporting by Lee Spencer

【関連ニュース】

【F1】エクレストン、F1に対抗する新シリーズ立ち上げの噂を一蹴

【F1】ネルソン・ピケ「エクレストンの厳しい姿勢がF1を大きくした」

【F1】新経営陣、予算制限の導入を検討。マクラーレンは支持

【F1分析】”エクレストンの時代”を終えた新時代F1の方向性とは?

【F1】「”シンプル化”は、『新時代のF1』にとって重要だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース