【F1】ハース、アージュン・マイニを開発ドライバーに起用

ハースは、GP3に参戦するアージュン・マイニを開発ドライバーに起用すると発表した。

 先日サンティノ・フェルッチを開発ドライバーに起用することを発表したハースは、19歳のアージュン・マイニがふたり目の開発ドライバーとしてチームに加入することを発表した。

 2014年に、イギリスF4でメルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルを僅差で下し、タイトルを獲得したマイニは、そこで初めて注目の的となった。

 その後はF3ヨーロッパ選手権に参戦し、昨年も同選手権への出場を続けたが、思うように成功を収めることができず、シーズン途中でGP3へとカテゴリーを変更した。

 カテゴリーを変更したことが実を結び、GP3では4戦目にして表彰台を獲得した。最初の2ラウンドに出場していないにもかかわらず、彼はドライバーズランキング10位でシーズンを終えた。

 マイニは、「ハースF1チームのドライバー開発プログラムの一員になったことを誇りに思う」と話した。

「これまでのレースでは、F1ドライバーになることを目指してきた。今回のチャンスのおかげで、またひとつ僕のゴールに近づいた」

「F1チームがどのように機能しているのかを学び、理解し、そして経験したい。F1という僕の最終的な目標に向けて準備しながら、僕が学んだことはすべて、すぐにGP3で活かすことができる」

 ハースのジュニアドライバーとなったサンティノ・フェルッチに続いてハースに加入することになったマイニは、イェンツァー・モータースポーツと契約し、今年もGP3への出場を続けることになる。

 また彼は、イギリスのバンベリーにあるハースのファクトリーでシミュレーター作業を行う一方で、数レースはサーキットを訪れガレージにいることになる。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、以下のようにコメントした。

「ハースは成長を続けており、我々は将来のことを考え、潜在的な才能を開発しなければいけない」

「アージュンはカートで成功し、様々なシリーズを経て、現在はGP3でレースをしている。今年は彼の成長に目を向けていくつもりだ」

【関連ニュース】

【F1】DAZNのスペインGP配信スケジュールが決定

【F1】ハース、スペインGPではブレンボ製のブレーキを使用へ

【F1】ハース代表「今年はトップとそれ以外の差が埋まらないのでは?」

【F1】年間レース数増加を目指すF1。CEO「アジアは重要な市場」

【F1】F1のCEO「SNS規制緩和は成功。スペインGPでは新たな施策を」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Arjun Maini
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース