【F1】ハース、ブレーキをスイッチ「もうブレーキの問題はごめんだ」

ハースF1チームは、バーレーンで行われたインシーズンテストで試した、カーボンインダストリー製のブレーキを搭載しロシアGPに臨むようだ。

 これまでブレンボ製のブレーキを使ってきたハースは、過去に何度かトラブルに見舞われてきた。先週行われたバーレーンでのインシーズンテストではカーボンインダストリー製(CI)のブレーキを試していたが、ロシアGPで初めて、CI製のブレーキをレース週末で使用するようだ。

「現時点では、すべての選択肢が用意されている」と、ハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「我々は、フリー走行1回目でそれがどのように機能するのかを見る必要がある。そしてそれから、後の週末をどうするのか決定する」

「テストでのパフォーマンスは良かったので、願わくば(CI製のブレーキをブレンボ製に戻さず)そのままがいい」

「ドライバーたちは(CI製)ブレーキに満足しており、ブレーキは安定していたようだ。それが重要だ。これ以上、ブレーキの問題はごめんだ」

 ハースのドライバーであるケビン・マグヌッセンは、テストで納得のいく結果が得られたため、サプライヤーの変更に満足しているようだ。

「バーレーンのテストで試したことを続け、それがどのように機能するかを見る」とマグヌッセンは語った。

「様々なことを試してみるのは常に良いことだし、CI製のブレーキにはいくつかポジティブなところがあった。だから、これを使い続けてみるよ。いつでも、(ブレンボに)戻すことはできるんだ」

【関連ニュース】

【F1】ハース、ブレーキサプライヤー変更へ。バーレーンGPでテスト

【F1分析】5秒速い2017年F1。ブレーキへの負荷も25%アップ?

【F1】ブレーキトラブルに悩むグロージャン、サプライヤー変更を懇願

【F1】ハースが昨年苦しんだブレーキ問題、新車でも解決に至らず

【F1】またしてもブレーキにトラブル発生のハース。サプライヤーをブレンボから変更検討

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ロシアGP
サーキット ソチ・アウトドローモ
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース