【F1】ハース、マシンの新たなカラーリングを用意

ハースはモナコGPに向けて、グレーと白を基調とした新たなカラーリングのマシンを用意した。

 ハースはモナコGPに向けて、グレーと白を基調とした新たなカラーリングのマシンを用意した。

 このカラーリングはファンの間でも賛否両論の意見があるが、ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、スペインGPから導入されたレギュレーション(ドライバー名とカーナンバーを大きく表示させるもの。マシンを判別しやすくすることが目的)に準じるために、カラーリングを修正することを決定したと明らかにした。

 シュタイナーに対し、カラーリングの変更した理由を尋ねると、彼は次のように語った。

「我々は国際映像を見て、(カラーリングの)見直しをすることにした。マシンの側面を見ても、判別することができなかった」

「クリエーターたちは、ハースに似合うデザインが見つかるまでいくつかのアイデアを出した。それがカラーリングを変更した理由だ。非常に簡単な理由だ」

「これまでとは少しスタイルが変わった。カーナンバーやドライバー名を目立たせるために、いくつかの案を見比べた。そして、彼らは白ならば目立たせることができ、ロゴを大きく表示させることもできるのではないかと考えたのだ」

【関連ニュース】

【F1】"大きな"カーナンバーとドライバー名表示、スペインGPから義務化

【スパイショット】モナコGPで見えた、F1の"美しい"開発競争

【動画】カーナンバーを見やすく変更したフォースインディア

【F1】「カーナンバーが見えない」フォースインディアに罰金刑下る

【F1】フォースインディアのカーナンバーは違反? FIAが問題視

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース