【F1】ハース、”2年目のジンクス”回避。チーム代表もスタッフを誇る

ハースのチーム代表は、昨年の早い段階で今年のマシン開発を始めたことで、チームが”2年目のジンクス”を回避したと話した。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、新規参入チームは2年目に不振に陥りがちだが、ハースはそれを避けることができていると語った。

 ハースは、昨年は開幕4レースのうち3レースでポイントを獲得し、シーズン序盤はコンストラクターズランキング5位につけていた。

 しかしその後は、早い段階で2017年のマシン開発にリソースを費やすことを決断したため、ヨーロッパラウンドからシーズン終盤にかけて、入賞はわずか2回にとどまった。

 今年は29ポイントを獲得しコンストラクターズランキング7位でサマーブレイクを迎えているが、昨年のこの時期には、28ポイントを獲得しランキング8位だった。

 チーム代表のシュタイナーは、ハースは昨年のうちから今年のマシン開発に取り組んでいたため、ランキング7位という現在の結果は、新規参入チームが2年目に後退するという”傾向”をハースがうまく回避できていると証拠であると語った。

「”落とし穴”に落ちないように準備することが、私の仕事でもあった」とシュタイナーはmotorsport.comに話した。

「新しいチームはいつも、結局は落とし穴に落ちる。しかし私は素晴らしい2年目のシーズンを送っているし、そこからたくさんのことを学んでいる」

「我々は重大な誤りを犯さないように気をつけなければいけないと、昨年のうちにチームの全員がわかっていた」

「2017年のマシン開発へ切り替えようと決断した時、物事が悪い方向に進むことはなかった。”なぜアップデートを投入しないのか? もうお金がないのか?”と言われるようなこともなかった」

「お金がなかったわけじゃない。我々は自分たちでも混乱していて、それ(アップデートの投入)をしたくなかった。まず第一に、2016年の時点で物事が曖昧になっていた。それで2017年の準備が遅れていたのだ」

「2年目に不振に陥らないという約束はできない。しかし私は常に、”今年は2年目のシーズンを迎えている。2年目に落とし穴に落ちるというのは理にかなっていることだ。だがもし物事が悪い方向へ進もうとしているのなら、そうならないようにベストを尽くすべきだ”と話してきた」

今年最後のアップデートは9月

 先月シュタイナーは、ハースは現在2018年のマシン開発をフルタイムで行っているところで、今年のマシンに関してはもうやることがないと話しており、チームの今年最後のアップデートは9月のシンガポールGPになるだろうと明かした。

 また彼は、サマーブレイク後にはどこかのレースで、アップグレードされたフェラーリのエンジンを使用できると期待している。

 シュタイナーは、チーム全員がこれまで以上に協力して働く経験を積んでいるので、チームの機能は昨年よりも良くなっていると語った。

「チームはよくまとまっている。下手にまとまっていても、最初の年をパーフェクトに過ごすことはできない。チームのレベルはとても高いところにある」

「チームはステップアップしてきたし、我々も集中できている。スタッフは互いのことを知っていて、長所も短所もわかっている。誰を頼ることができて、誰がそうでないのか、彼らはそういうこともわかっているので、自然と協力して仕事をしている。チームはステップアップして当然だ」

「たくさんのスタッフが辞めていくということもなかった。それに驚いているわけではないが、悪い方向へ向かっていないことを私は誇りに思う」

Additional reporting by Stuart Codling

【関連ニュース】

「F1にとってフォーミュラEは脅威ではない」とハース代表が分析

ハース、来季もドライバーラインアップを継続すると発表

ハースに大満足のマグヌッセン「前にいたチームより健全な環境」

グロージャン「ブレーキの問題には、”対処”するしかない」

フェラーリ、ザウバーを”兄弟チーム”化、若手ドライバー起用か?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース