【F1】ハース「2017年の開発競争はチームにとって”新たな挑戦”」

ハースは、レギュレーション変更によりF1チーム間の開発争いは非常に激しくなるため、チームにとって新たな挑戦になると語った。

 ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、F1マシンのダウンフォースが大幅に増やされチーム間の開発競争が激化すると予想される今年は、チームにとって新たな挑戦になるだろうと語った。

 昨年F1に新規参戦したハースは、シーズン最初の2戦連続でポイントを獲得。驚くべきF1デビューを果たしたが、シーズン後半はわずか1ポイントの獲得にとどまり、コンストラクターズランキング8位で参戦初年度を終えた。

 2017年のF1は、ダウンフォースの増加を目的に空力に関するレギュレーションが変更される。これに伴いマシンも一新されることになるため、シーズンの特に序盤のアップデート合戦が激しくなると予想される。

 ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ハースは今年、2016年にはなかった新たな問題に直面するだろうと考えている。

「2017年のマシンは、2018年のマシンと非常に似たものとなるだろう。だから、これまでとは全く違う”ゲーム”になる」とシュタイナーは語った。

「昨年のマシンは2017年のマシンとは関係がなく、開発を完全に分ける必要があった。今年は、マシンに関して新しいモノを開発すれば、それが2017年のマシンにも使える。それは継続的な発展につながる」

「いつ2018年のマシン開発を始めるか、何の予定も立てていない。なぜなら、それは2017年のマシンがどの程度の競争力を持っているかに多くのことが依存している。計画を決めるには早すぎるんだ」

 ハースは昨年、多くのレースでポイントを獲得するチャンスがあったが、シュタイナーは、今年ポイントを積み上げることができるかについては、かなり不確実だと語った。

 すべてのチームにとって(ルールが変わることで)白紙に戻ることが、参戦したばかりのハースにとって助けになるかと問われたシュタイナーは「それは五分五分だ。他のチームにとっても、挑戦はチャンスになる」と答えた。

「2年にわたって完全に新しいマシンを開発するのは非常に疲れたし、1台目は最初のマシンだったからなおさらだ。しかし、現時点では順調だ」

「開幕戦のオーストラリアが終わるまで、それかバルセロナまでは、(レギュレーション変更が)我々にとって良かったのか悪かったのか、コメントをするつもりはない」

「我々はバルセロナまでに、できる限りの準備を整えられるように頑張る。そして、他のチームが我々ほど良い仕事をしないように願っている」

【関連ニュース】

【F1】「数年前の”恐ろしい”外観にはならない」チーム代表らが断言

【F1検証】2016年のF1マシンは4周で30秒も遅かった!?

【F1】ウェーバー「今年のマシンは確実に速くなる。見た目も良い」

【F1】バンドーン「昨年のF1は、SFと比べて”正常”じゃなかった」

【F1】フェラーリ、リバティ・メディアに”F1の将来”の明確化を求める

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
記事タイプ 速報ニュース
タグ gunther steiner