【F1】ハースF1、2年目のシーズンへ船出。新車VF-17公開

ハースF1チームは、デビュー2年目のシーズンを戦うニューマシンVF-17を発表した。

 ハースF1チームは、2017年用ニューマシンVF-17を発表した。

 F1参戦2シーズン目を迎えるハース。デビューイヤーの昨年は、開幕戦から入賞するなど、ランキング8位。大成功と言える1年目となった。

 今年は、エステバン・グティエレスがチームを離れ、新たにケビン・マグヌッセンが加わってロマン・グロージャンとコンビを組む。

 技術面ではフェラーリとの技術提携を継続。パワーユニットやトランスミッションを始め、シャシー面でも多くの技術供与を受けている。実際、VF-17はノーズがフェラーリのモノと酷似。ホイールも似たデザインになっている。さらにサイドポッド上面には、フェラーリSF70-Hにも見られた開口部があるなど、共通点が実に多い。

 チームは、今季は非常に厳しい戦いになることを覚悟しているが、果たしてその真価は?

【関連ニュース】

【F1】ルノー&ハース、フィルミングデーで新車初走行を完了

【F1】順調に準備が整うハース「2017年はさらに飛躍したい」

【F1】ハース「2017年の開発競争はチームにとって”新たな挑戦”」

【F1】マグヌッセン「ハースにはルノーよりも可能性がある」

ハース小松エンジニア「来季は1レースで、今季の5レース分くらいの仕事をしなければ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース