【F1】バクー決勝速報:大波乱のレースをリカルドが制す。ストロール初表彰台の3位

アゼルバイジャンGPの決勝が行われ、ダニエル・リカルドが今シーズン初優勝を飾った。

 第8戦アゼルバイジャンGPの決勝は、セーフティカーの出動が3回に赤旗中断と、大荒れのレースとなった。そのレースをレッドブルのダニエル・リカルドが大逆転で制し、今シーズン初優勝、通算5勝目を挙げた。

 メルセデスのバルテリ・ボッタスはスタートで順位を落としたものの、遅れを取り戻し2位に入った。

 3位には、ウイリアムズのランス・ストロールが入り、F1で初の表彰台を獲得した。

 なおマクラーレンのフェルナンド・アロンソは9位に入賞し、今シーズン初となるポイントを獲得した。チームメイトのストフェル・バンドーンは12位だった。

 詳細は追って公開する。

 →第8戦アゼルバイジャンGP決勝結果

【関連ニュース】

バクー予選:ハミルトンPP獲得。2番手ボッタスに0.4秒差つける

ハミルトン、予選スーパーラップは「死ぬ覚悟でやった」

ベッテル、決勝に自信「レースではメルセデスに負けていない」

マクラーレンのブーリエ「これまで経験した中で最も厳しい週末」

ホンダ「新型エンジン"スペック3"は0.3秒速くなっている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アゼルバイジャンGP
サーキット バクー市街地
記事タイプ 速報ニュース