【F1】バクーFP3速報:ボッタス首位。ライコネン0.095秒差で2番手

F1第8戦アゼルバイジャンGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

 F1アゼルバイジャンGPのフリー走行3回目が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1分42秒742のトップタイムを記録した。

 2番手はフェラーリのキミ・ライコネン、3番手はメルセデスのルイス・ハミルトンだった。

 バクー初日で好調だったレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、セッション終盤でマシントラブルに見舞われてしまい、コース上でマシンをストップさせている。

 なお、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは14番手、同僚のストフェル・バンドーンは15番手という結果に終わった。

 詳細は追ってお伝えする。

→F1アゼルバイジャンGPフリー走行3回目結果

【関連ニュース】

アロンソ、新たに”スペック2”ICEを投入。40グリッド降格

ペレス、クラッシュした”ターン8縁石”の変更を望む

ハミルトン「タイヤコンパウンドが硬すぎる、悪夢のようだ」

アゼルバイジャンGP持ち込みタイヤ。トップ2チームは同一選択

メルセデスとベッテル「レッドブルのペースは本物」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 アゼルバイジャンGP
サーキット バクー市街地
記事タイプ フリー走行レポート