【F1】バトン、予選後のセッティング変更でピットスタートが決定

予選の後、バトンはマシンのセッティングを変更するために、パルクフェルメ規則を違反したため、決勝をピットスタートすることになる。

 マクラーレンのジェンソン・バトンは、フェルナンド・アロンソの代理としてモナコGPにスポット参戦している。バトンは予選でQ3進出を果たし9番手となった。

 ホンダはモナコ2日目の前に、バトンが乗っているマシンのターボチャージャーとMGU-Kを交換したが、それによりパワーユニット使用上限基数を上回ってしまったため、バトンは15グリッド降格のペナルティを被ることになっている。

 その予選後、マクラーレンはバトンのマシンのセットアップを微調整することを決断した。これはF1のパルクフェルメ規則を違反する行為である。

 その結果、バトンは決勝レースをピットからスタートしなければならなくなる。

 予選後、バトンはチームメイトであるストフェル・バンドーンとともにQ3進出を果たしたものの、ともにグリッドペナルティを受けることは、”痛手”であると語った。

 バンドーンは、スペインGPで3グリッド降格ペナルティを受けているため、モナコ決勝を12番グリッドからスタートする。

【関連ニュース】

【F1】ホンダ「”回転部品”の信頼性向上のため、多くの変更が必要」

【F1】バトン「これが最後の予選」。ペナルティで降格も「楽しかった」

【F1】スポット参戦のバトン、PU交換で15グリッド降格ペナルティ

【F1】ホンダ、ロシアGPに新MGU-H投入。バーレーンでの問題に対処

【F1ライブテキスト】モナコGP決勝の模様を、5/28 20:50からお届け

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 モナコGP
サーキット モンテカルロ
ドライバー ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース