F1
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
イベント 進行中 . . .
05 9月
-
08 9月
イベント 進行中 . . .
19 9月
-
22 9月
イベント 進行中 . . .
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
30 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
37 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
51 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
65 days

【F1】バルセロナ合計3185周走行。ピレリ「目標は達成できた」

シェア
コメント
【F1】バルセロナ合計3185周走行。ピレリ「目標は達成できた」
2017/03/03 5:33

バルセロナ合同テストの全車の合計周回数は3185周。ピレリは今年のタイヤのデグラデーションの少なさに、自信を深めたという。

The new range of Pirelli P-Zero tyres outside the Pirelli hospitality area in the paddock
Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H, Pirelli rear wheel, shark fin, and rear wing detail
Pirelli motorhome
Pirelli tyres
Pirelli tyre detail
Pirelli technicians at work
A Pirelli tyre is changed on the Romain Grosjean Haas F1 Team VF-17
Ferrari mechanics with Pirelli tyres
Pirelli tyres being washed
Pirelli logo
Pirelli tecnician working on Mercedes AMG F1 W08 tyres
Pirelli tyre

 ピレリは第1回目となるバルセロナ合同テストを総括。同社のレーシングマネージャーであるマリオ・イゾラは、「4日間の結果に満足している」と語った。

 今年最初のF1合同テストは、バルセロナ郊外にあるカタルニア・サーキットで行われた。このテストで各チーム及びドライバーは、2017年仕様の”幅広”になったピレリタイヤを初めて試した。最終日である4日目には、人工的にウエットコンディションが作られ、新仕様のウエットタイヤとインタミディエイトタイヤも試された。

 結局このテストでは、全ドライバー合計で3185周を走破し、その合計距離は14826kmとなったという。

「この4日間の結果に満足している」

 イゾラはそうコメントを発表している。

「ここまで見てきたモノからすれば、新しいタイヤは我々の期待に沿うモノになっている。2017年シーズンのF1は我々に、ドライバーたちが最大限にプッシュできるように、デグラデーション(タイヤの性能劣化)の少ないタイヤを開発するよう、我々に求めた。これまでの4日間でそれを確認することができたし、来週行われる2回目の4日間のセッションでも、それを確認していくつもりだ」

「すでにラップタイムはかなり速くなっている。目標は、2015年に比べて5秒速いラップタイムだ。バルテリ・ボッタスは、3日目にウルトラソフトタイヤを履き、1分19秒705を記録した。2015年のスペインGPのポールポジションタイムが1分24秒681だったことからすると、私はこの目標が達成されたと言えると思う」

「最終日には、2017年のマシンに、新しいウエットウエザータイヤを装着した。新しいサイズと新しいトレッドパターンを組み合わせたタイヤは、フルウエットタイヤであるCinturato Blueが、300km/hでの走行時に65〜85リットル/秒の排水性能を持っている。また、インターミディエイトタイヤであるCinturato Greenも、25〜30リットル/秒の排水能力を誇る」

「我々は、さらに多くのデータを収集することができた。それをエンジニアたちが、次のテスト前までに分析する」

■バルセロナ合同テスト ドライバー別ベストタイム(4日合計)
1. バルテリ・ボッタス(メルセデス)1'19''705/3日目・U
2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1'19''952/3日目・S
3. キミ・ライコネン(フェラーリ)1'20''960/2日目・S
4. ルイス・ハミルトン(メルセデス)1'20''983/2日目・SS
5. ダニエル・リカルド(レッドブル)1'21''153/3日目・S
6. ジョリオン・パーマー(ルノー)1'21''396/3日目・S
7. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1'21''769/4日目・S
8. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)1'21''791/3日目・S
9. マーカス・エリクソン(ザウバー)1'21''824/3日目・SS
10. フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1'22''076/1日目・S
11. ロマン・グロージャン(ハース)1'22''118/3日目・SS
12. ケビン・マグヌッセン(ハース)1'22''204/2日目・SS
13. ランス・ストロール(ウイリアムズ)1'22''351/3日目・S
14. アントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー)1'22''401/4日目・U
15. エステバン・オコン(フォースインディア)1'22''509/2日目・SS
16. セルジオ・ペレス(フォースインディア)1'22''534/4日目・SS
17. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)1'22''576/4日目・U
18. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1'22''598/3日目・U
19. ダニール・クビアト(トロロッソ)1'22''956/2日目・S
20. カルロス・サインツJr. (トロロッソ)1'23''540/3日目・M
21. アルフォンソ・セリス(フォースインディア)1'23''568/3日目・U
※末尾の英字はベストタイム計測時の装着タイヤ。U=ウルトラソフト、SS=スーパーソフト、S=ソフト、M=ミディアムを示す

【関連ニュース】

【F1】ピレリ「F1が望むタイヤを用意した。退屈になっても責任はない」

【F1】「あと2秒速くなる」ピレリが今季マシンの”速さ”に太鼓判

【F1】ピレリ、”万が一”に備えて従来に近いバックアップタイヤ用意

【F1】ピレリ、開幕4戦までのタイヤ選択を発表

【F1】ピレリ、新”ワイド”タイヤの性能にはまだ疑問があると認める

次の記事
【F1】ハースが昨年苦しんだブレーキ問題、新車でも解決に至らず

前の記事

【F1】ハースが昨年苦しんだブレーキ問題、新車でも解決に至らず

次の記事

【F1】カナダGP、F1開催契約を2029年まで延長

【F1】カナダGP、F1開催契約を2029年まで延長
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1