【F1】バンドーン、トラブルでPU交換へ。ペナルティは避けられず

シェア
コメント
【F1】バンドーン、トラブルでPU交換へ。ペナルティは避けられず
執筆: Ben Anderson
2017/04/28 12:21

バンドーンは、ロシアGPのフリー走行1回目でまたしても信頼性トラブルに見舞われたため、PUを交換。グリッドペナルティは避けられないようだ。

 マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、ロシアGPフリー走行1回目の終盤に、またしてもパワーユニット(PU)にトラブルが発生。これによりPUの交換を強いられることになり、第4戦で早くもグリッドペナルティを受けることになってしまうようだ。

 バーレーンでホンダ製PUに問題が続発したことを受けて、ホンダはロシアGPに対策済みのMGU-Hを持ち込み、バンドーンとフェルナンド・アロンソのマシンにコンポーネントが投入されていた。

 ところが、フリー走行1回目終盤に、バンドーンのマシンのMGU-Hに問題が発生。交換を強いられることになってしまった。ターボとMGU-Hを交換するには、十分な時間がないために、ホンダはバンドーンのマシンのPU全体を交換することにした。

 新しいエンジンには、バーレーンで行われたテストの際にバンドーンが81周を走行した、ホンダがバーレーンGP後に対策を施したものと同じ仕様のMGU-Hが搭載される。

 PU交換により、バンドーンはターボとMGU-Hの5基目を使用することに。年間を通して、ドライバーひとりが使用できる各コンポーネントは4基に限られているため、4戦目にして早くも、バンドーンはグリッドペナルティを受けることになってしまう。

 日曜日のレースに向けては、15グリッド降格のペナルティを受ける見込みだ。

【関連ニュース】

【F1ロシアGP】FP1:ライコネン首位。バンドーンにまたしてもトラブル

【F1】シャシー開発を進めるマクラーレン。「ホンダと意識は同じはず」

【F1】ホンダ、ロシアGPに新MGU-H投入。バーレーンでの問題に対処

【F1】ホンダ、メルセデスにコンサルタント依頼か。外部の助言を求める

【F1】ホンダ新仕様PUにまたもトラブル。僅か2周でPU交換を決断

次の F1 ニュース
【F1】ベッテルとライコネン、FP1で3基目のターボ投入

前の記事

【F1】ベッテルとライコネン、FP1で3基目のターボ投入

次の記事

【F1】ロシアGP FP2速報:ベッテルがトップタイム。バンドーン出走間に合う

【F1】ロシアGP FP2速報:ベッテルがトップタイム。バンドーン出走間に合う
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
ロケーション ソチ・アウトドローモ
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Ben Anderson
記事タイプ 速報ニュース