【F1】バンドーン「F1フル参戦デビューは僕の夢だった」

F1フル参戦デビューを果たすストフェル・バンドーンが、開幕戦オーストラリアGPを前にその抱負を語った。

 F1フル参戦デビューを迎えるストフェル・バンドーンは、開幕戦オーストラリアGPに向けての意気込みを語った。

「マクラーレン・ホンダのフルタイムドライバーとしての僕のポジションが昨年の9月に確定して以来、オーストラリアGPはとても待ち遠しかった」

 そうバンドーンは語る。

「F1でのフルシーズンを迎えるということを知っているのは、素晴らしい気分だ。これは、僕のレースキャリアで取り組んできた夢だ」

「金曜日の後、MCL32のコクピットに収まるのをとても楽しみにしている。今後の挑戦に向けた準備は、完全に整っていると思う」

 非常に厳しいオフシーズンを過ごしたマクラーレン・ホンダ。バンドーンも満足いく距離を走行することができなかったが、それでも準備は整ったと考えているようだ。

「僕は冬の間、しっかり準備してきた。たくさんトレーニングをして、強さと耐久性を高めるようにした。そして、一歩ずつ改善するため、チームとともに仕事をする意欲にあふれている。いつものように懸命にプッシュし、クルマに戻るのを楽しみにしている」

「パフォーマンスについては、自分自身の目標は特に設定していない。チームとフェルナンドから多くを学び、ベストを尽くすだけだ」

 フル参戦シーズン初戦に挑むバンドーン。とにかくまずは、レースを楽しむと語る。

「マクラーレン・ホンダのスタッフは全員よく知っているし、家族のように感じている。だから、F1フル参戦デビューを迎えるにあたっての緊張感は特にない」

「オーストラリアでのレースは初めてだ。その空気に浸って、最初のレースの”良い気分”を楽しもうと思う。そして、週末がどう進行していくのかを確認することにする」

【関連ニュース】

【F1】アロンソ、困難な開幕戦を覚悟「最善を尽くして週末を楽しむ」

【F1】ホンダ、マクラーレンとF1に”100%の情熱を注ぐ”と宣言

【F1】マクラーレン、メルセデスにエンジン供給の可能性を打診か?

【F1】マクラーレン・ホンダはどれほどの危機に瀕しているのか:前編

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-前編

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース