【F1】バーニー・エクレストン、F1のCEOを退任。本人が認める

バーニー・エクレストンがF1のCEOとしての地位を失い、リバティ・メディアのチェイス・キャリーがその役割を担うことが分かった。

 長年にわたってF1の商業面を率いてきたバーニー・エクレストンはその役目を終え、「名誉代表」の役割をオファーされたことが分かった。しかし彼は、その役割をまだ正確には理解していないという。

 この変更は、ロス・ブラウンと元ESPNのショーン・ブラッチズのF1グループへの参加と共に、火曜日にも発表されるとみられる。

「私は今日、職を追われた」

 そうエクレストンは語った。

「私はただ離れるだけだ。それは公式の決定だよ。私は、もはやこの会社のリーダーではない。私のポジションは、チェイス・キャリーが担当することになった」

「私の新しいポジションは、アメリカの称号だよ。名誉大統領のようなものだね。私はそれが何を意味するのか分かっていないが、とにかく今、そのタイトルを持っている」

 将来について聞かれたエクレストンは、次のように答えた。

「オフィスでの日々は、今よりも静かなモノになるだろう。多分、いつかグランプリを訪れることにはなるだろう」

「私はまだ、F1に多くの友人がいる。そして、レースに行くのに十分なお金がある」

 エクレストンはまた、FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)に席を置くことを期待していないと語る。

「そうは思わないね」

「まず、ジャン・トッドと話をしなければならないだろう」

 これまでF1のオーナーの主要株主だったCVCのドナルド・マッケンジーは、エクレストンに実践的な役割を担わせ続けることに熱心だった。しかし、この役目はF1新オーナーのリバティ・メディアによって却下された。

 リバティ・メディアは、まもなくF1の買収を完了するものとみられる。

【関連ニュース】

リバティのF1買収で、F1の”支配者”エクレストンの去就が不透明に

フェラーリの”特別な”分配金廃止? リバティ・メディアが示唆

世界モータースポーツ評議会、リバティのF1買収を承認

リバティメディアの株主総会開催。F1買収を承認

FIA、2017年F1マシンに対応した安全対策をサーキットに要求

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース
タグ bernie ecclestone