【F1】バーレーンGP予選:ボッタス、ハミルトン下し自身初ポール獲得

F1第3戦バーレーンGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンを抑え、自身初のポールポジションを獲得した。

 F1第3戦バーレーンGPの予選は、チームメイトのルイス・ハミルトンを抑え、バルテリ・ボッタスが自身初めてのポールポジションを獲得した。

 日没間近の現地時間18時(日本時間0時)、バーレーン・インターナショナル・サーキットは気温30度、路面温度31度という、週末を通して一番涼しいコンディションで予選が開始された。

Q1:バンドーン17番手で敗退。サインツストップ

 セッションが開始されると、ザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンがコースインしていった。ウェーレインはまず1分33秒502をマークし、エリクソンを上回った。ハースのロマン・グロージャンもアタックに向かうが、ターン1のブレーキングでスモークを上げ、タイヤをロックさせてしまった。

 フェラーリとメルセデスの4台はソフトタイヤでアタックへ。まずバルテリ・ボッタスが1分31秒041というタイムでトップに立った。ルイス・ハミルトンは、ミスがあり最初のアタックを中断した。

 スーパーソフトタイヤを装着したレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ボッタスのタイムを0.137秒上回ってトップに立つが、アタックをやり直したハミルトンはソフトタイヤでそれを0.090秒上回った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルはボッタスを上回り3番手、ライコネンは7番手となった。

 12番手のストフェル・バンドーン(マクラーレン)以下、Q1脱落ボーダーである16番手のランス・ストロール(ウイリアムズ)まで約0.3秒という接戦だ。

 Q2進出安全圏かと思われた7番手ライコネンは、スーパーソフトタイヤを履いてピットアウト。7番手以下は全車コースインし、Q2進出をかけたアタックに向かった。

 ルノー勢はタイムの更新に成功。ニコ・ヒュルケンベルグが6番手、ジョリオン・パーマーが8番手と大きくジャンプアップした。フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)は15番手でなんとかQ2進出を決めた一方で、バンドーンは17番手でQ1敗退となった。

 セッション終了間際、トロロッソのカルロス・サインツJr.が『ノーパワー』と訴えながらマシンを止めた影響でイエローフラッグがコース終盤で振られており、セルジオ・ペレス(フォースインディア)はタイムアップが叶わず。サインツ本人もセクター1で全体ベストを叩き出すほどの好ペースだっただけに、アロンソはサインツに助けられた形となった。

 Q1敗退はサインツ、バンドーン、ペレス、エリクソン、ケビン・マグヌッセン(ハース)となった。

Q2:アロンソタイム残せず。ルノー2台Q3進出

 まずボッタス、ハミルトンがスーパーソフトタイヤを履いてコースインした。ボッタスは1分29秒555、ハミルトンは1分29秒535というタイムをマーク。ベッテルはハミルトンにわずか0.061秒及ばず3番手となった。ライコネンはそこから0.3秒遅れているもののフェルスタッペンは0.772秒、リカルドは0.962秒離されており、予選を迎え、レッドブルがメルセデスとレッドブルに少し置いて行かれた形だ。

 アロンソはパワーユニットにトラブルがあったようで、タイムを記録できずにマシンを降りてしまった。

 メルセデス、フェラーリ、レッドブル勢に加え、ウイリアムズのフェリペ・マッサはQ3進出は確実と見て2度目のアタックには出なかった。

 トロロッソのダニール・クビアトが最終コーナーでオーバーラン。このロスで10番手パーマーにわずか0.024秒届かずQ2敗退となった。週末を通して好調なヒュルケンベルグは、最後にコントロールラインを通過。レッドブル勢を上回る5番手までジャンプアップする驚異の走りでルノーは2台ともQ3進出となった。

 Q2敗退はクビアト、ストロール、ウェーレイン、エステバン・オコン(フォースインディア)、アロンソとなった。

Q3:メルセデス同士の一騎討ち制し、ボッタスが初ポール獲得

 Q3はリカルド、フェルスタッペンの順にアタックに向かった。リカルドが1分30秒007をマークするが、後ろからボッタスが1分28秒844というタイムをマーク。

 ハミルトンはセクター1でボッタスに負けたものの、セクター2で挽回し0.052秒ボッタスを上回る1分28秒792を記録しトップに立った。

 ベッテルはハミルトンから0.455秒、ライコネンは0.892秒と大きな差をつけられた。予選Q3でメルセデスがさらにギヤを1段上げた格好だ。

 ラスト3分を切り、各車最後の予選アタックへ。ハミルトンがタイム更新に失敗した一方で、ボッタスはタイム更新を果たし、0.023秒差でチームメイトを上回って自身初めてのポールポジション獲得となった。これにより、ハミルトンの連続ポールポジション獲得は、6戦でストップした。

 ベッテルは最後のアタックでタイム更新ならず3番手。4番手にはライコネンを逆転したリカルドが浮上した。6番手フェルスタッペンの背後には好調ヒュルケンベルグが入った。8番手以下はマッサ、グロージャン、パーマーという序列だった。

 週末を通してほぼ互角だったフェラーリとメルセデスだったが、予選が終わってみれば0.4秒以上の差をつけられた。一方で、開幕戦同様フェラーリ勢はロングランに自信を持っているようで、どんなレース展開になるかが注目される。そこに、フェラーリの間に割って入ったレッドブルがどう絡んでいけるかもレースを面白くする要素だろう。

 大注目の決勝は、16日(日)18時(日本時間17日0時)にスタートする。

【関連ニュース】

【F1】バーレーンGP FP3:フェルスタッペン首位。2番手ハミルトン

【F1】バーレーンGP FP2:ベッテル、僅差でボッタス抑え連続トップ

【F1】メルセデス、Tウイングの使用には安全上の保証が必要に

【F1】ボッタス「タイトル争いを2人に限定するには早すぎる」

【F1コラム】アロンソのインディ500参戦に込められた意味とは?

F1 2017 バーレーンGP 予選暫定結果

Cla#ドライバーChassisエンジン時間ギャップkm/h
1 77 finland バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 1'28.769   219.482
2 44 united_kingdom ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 1'28.792 0.023 219.425
3 5 germany セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 1'29.247 0.478 218.306
4 3 australia ダニエル リカルド  Red Bull TAG 1'29.545 0.776 217.579
5 7 finland キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 1'29.567 0.798 217.526
6 33 netherlands マックス フェルスタッペン  Red Bull TAG 1'29.687 0.918 217.235
7 27 germany ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 1'29.842 1.073 216.860
8 19 brazil フェリペ マッサ  Williams Mercedes 1'30.074 1.305 216.302
9 8 france ロマン グロージャン  Haas Ferrari 1'30.763 1.994 214.660
10 30 united_kingdom ジョリオン パーマー  Renault Renault 1'31.074 2.305 213.927
11 26 russia ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 1'30.923 2.154 214.282
12 18 canada ランス ストロール  Williams Mercedes 1'31.168 2.399 213.706
13 94 germany パスカル ウェーレイン  Sauber Ferrari 1'31.414 2.645 213.131
14 31 france エステバン オコン  Force India Mercedes 1'31.684 2.915 212.503
15 14 spain フェルナンド アロンソ  McLaren Honda      
16 55 spain カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 1'32.118 3.349 211.502
17 2 belgium ストフェル バンドーン  McLaren Honda 1'32.313 3.544 211.055
18 11 mexico セルジオ ペレス  Force India Mercedes 1'32.318 3.549 211.044
19 9 sweden マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 1'32.543 3.774 210.531
20 20 denmark ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 1'32.900 4.131 209.722
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース