【F1】バーレーンGP FP2:ベッテル、僅差でボッタス抑え連続トップ

F1第3戦バーレーンGPのフリー走行2回目が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがフリー走行1回目に続きトップタイムをマークした。

 4月14日(金)18時(日本時間15日0時)、F1第3戦バーレーンGPのフリー走行2回目(FP2)が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがFP1に続きトップタイムをマークした。

 日も暮れ始めた時間帯でのセッションということもあり、FP1に比べて路面温度は10度以上下がり34度、気温は33度でセッションが開始された。

 ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのハースコンビがソフトタイヤで早速ピットアウト。FP1でターボにトラブルが発生したキミ・ライコネン(フェラーリ)も早々にコースインを果たした。

 ライコネンはインスタレーションラップを済ませピットインしたが、チームメイトに続いてコースに出ていたベッテルはそのままアタックへ。ソフトタイヤで1分32秒615をマークし、FP1のベストタイムをすぐに上回った。

 セッション開始10分が経過し、メルセデスの2台がソフトタイヤで計測に向かった。バルテリ・ボッタスはセクター1でベッテルを上回ったがセクター2で遅れ、結局わずか1000分の1秒差でかろうじてトップに立った。一方のルイス・ハミルトンは、アタック中にミスがあったか、セクター2でアタックを中止した。

 再度アタックを行ったハミルトンは1分32秒290でトップに立つが、ライコネンが1分32秒277をマークし、ハミルトンを0.013秒上回った。

 この直後、トロロッソのカルロス・サインツJr.がターン11でマシンを止めた。マシンのリヤからは煙が出ており、車載消火器も使われた模様。これにより一時バーチャルセーフティカーが出たが、すぐに解除されている。

 セッション開始30分を迎えようかという頃、ベッテルが最初にスーパーソフトタイヤを装着してコースイン。コース上にマシンが少ない状況で、丁寧にタイヤを暖めてアタックを行った。少々ミスがあるラップだったものの、1分31秒310をマークし、ソフトタイヤから約1秒タイムアップした。

 ボッタスもスーパーソフトタイヤでアタックに向かい、セクター1でわずかにベッテルを上回るがまたしてもセクター2で遅れ、ベッテルから0.041秒遅れの2番手となった。

 ハミルトンはトラフィックに引っかかり、4周走ったタイヤでタイムを更新。1分31秒594で3番手に入った。ライコネンも3周目のタイヤで1分31秒685で4番手となった。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、1発でアタックを決め1分31秒376をマーク。ベッテルから0.066秒差の3番手に浮上した。ライコネンは再びのアタックで自己ベストを更新し、4番手に浮上した。

 スロー走行していたハミルトンの脇を通り過ぎたボッタスのマシンから、Tウイングが脱落するという場面もあった。脱落したTウイングの回収のため、一時イエローフラッグが振られた。

 FP1でトラブルに見舞われマシンを止めたストフェル・バンドーン(マクラーレン)はパワーユニットを載せ替え、セッション残り47分の時点でコースインを果たした。

 セッションが折り返しを過ぎ、ベッテルがユーズドのスーパーソフトタイヤでコースに出るが、セクター3で突然マシンがシャットダウンしてしまったようで、ピットレーン入り口に近いところでマシンを止めた。ロングランを行うところだったと見られるだけに、痛いタイムロスとなってしまった。

 ピットレーンに戻ってきたベッテルの横を通り、ボッタスとハミルトンがユーズドのスーパーソフトタイヤを履いてピットアウト。ライコネンもスーパーソフトタイヤでロングランに向かった。

 セッション残り26分にコースに戻ったベッテルは、ユーズドのソフトタイヤを装着し、ライコネンと走行プログラムを分けた。

 ハミルトンとライコネンはほぼ同じペースで走行を重ねていった。ハミルトンはスーパーソフトタイヤを19周使った時点でピットインし、ユーズドのソフトタイヤに履き替えた。ライコネンは23周、ボッタスは24周でスーパーソフトタイヤでの走行を切り上げ、ソフトタイヤにスイッチした。

 各車がロングランを行う中、セッションが終了。ベッテルはマシンが一度完全にシャットダウンしてしまうトラブルに見舞われたものの、FP1に続いてセッショントップタイムとなった。ボッタスは0.041秒差の僅差で2番手。リカルドは0.066秒差で3番手となった。

 4番手ライコネン、5番手ハミルトンはクリアラップが取れず、タイヤのピークパフォーマンスを外した感があり、予選は接戦の予感が漂う。

 6番手には、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが入った。ウイリアムズのフェリペ・マッサの前、トップから0.573秒遅れという好位置であり、チームメイトの13番手ジョリオン・パーマーに約1秒の差をつけている。

 8番手にとどまったレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、マシンのフロアに損傷があったようで、これを交換。ガレージで過ごす時間が長く、周回数も18周に終わった。9番手グロージャン、10番手にダニール・クビアト(トロロッソ)というトップ10。

 マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが14番手、バンドーンは20番手に終わった。アロンソは31周をこなしたが、バンドーンはわずか8周しか走行できなかった。

 トップ3チームはロングランペースも近く、決勝はオーバーテイクが難しいと予想されるため、予選はミスが許されない厳しい戦いになるであろう。

 フリー走行3回目は、現地時間15時(日本時間21時)にスタートする。

【関連ニュース】

【F1】バーレーンGP FP1:ベッテル最速。メルセデスロングラン集中

【F1】バトン復活決定! アロンソの代役としてモナコGPに出場

【F1】アロンソの決断にライバルも衝撃。マッサ「絶対彼のレース見る」

【F1】モナコで復帰のバトン「MCL32はモナコに合う。入賞も可能」

【F1】サインツ「ウイリアムズはPUから大いに恩恵を受けている」

F1 2017 バーレーンGP フリー走行2回目 タイム結果

Cla#ドライバーChassisエンジンLaps時間ギャップインターバルkm/h
1 5 germany セバスチャン ベッテル  Ferrari Ferrari 29 1'31.310     213.374
2 77 finland バルテリ ボッタス  Mercedes Mercedes 35 1'31.351 0.041 0.041 213.278
3 3 australia ダニエル リカルド  Red Bull TAG 28 1'31.376 0.066 0.025 213.220
4 7 finland キミ ライコネン  Ferrari Ferrari 34 1'31.478 0.168 0.102 212.982
5 44 united_kingdom ルイス ハミルトン  Mercedes Mercedes 35 1'31.594 0.284 0.116 212.712
6 27 germany ニコ ヒュルケンベルグ  Renault Renault 37 1'31.883 0.573 0.289 212.043
7 19 brazil フェリペ マッサ  Williams Mercedes 37 1'32.079 0.769 0.196 211.592
8 33 netherlands マックス フェルスタッペン  Red Bull TAG 18 1'32.245 0.935 0.166 211.211
9 8 france ロマン グロージャン  Haas Ferrari 34 1'32.505 1.195 0.260 210.617
10 26 russia ダニール クビアト  Toro Rosso Renault 35 1'32.707 1.397 0.202 210.158
11 20 denmark ケビン マグヌッセン  Haas Ferrari 33 1'32.854 1.544 0.147 209.826
12 31 france エステバン オコン  Force India Mercedes 38 1'32.875 1.565 0.021 209.778
13 30 united_kingdom ジョリオン パーマー  Renault Renault 38 1'32.876 1.566 0.001 209.776
14 14 spain フェルナンド アロンソ  McLaren Honda 31 1'32.897 1.587 0.021 209.729
15 11 mexico セルジオ ペレス  Force India Mercedes 34 1'33.319 2.009 0.422 208.780
16 18 canada ランス ストロール  Williams Mercedes 36 1'33.361 2.051 0.042 208.686
17 9 sweden マーカス エリクソン  Sauber Ferrari 34 1'33.944 2.634 0.583 207.391
18 55 spain カルロス サインツ Jr.  Toro Rosso Renault 5 1'34.072 2.762 0.128 207.109
19 94 germany パスカル ウェーレイン  Sauber Ferrari 29 1'34.117 2.807 0.045 207.010
20 2 belgium ストフェル バンドーン  McLaren Honda 8 1'34.230 2.920 0.113 206.762
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バーレーンGP
サーキット バーレーン・インターナショナル・サーキット
記事タイプ 速報ニュース