F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
23 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
37 days

【F1】パディ・ロウがメルセデス離脱へ。ウイリアムズ加入も秒読み段階

シェア
コメント
【F1】パディ・ロウがメルセデス離脱へ。ウイリアムズ加入も秒読み段階
執筆:
2017/01/10 12:03

メルセデスのエクゼクティブディレクターであるパディ・ロウは、近日中にチームを離脱しウイリアムズ入りを果たすと、情報筋が明らかにした。

Paddy Lowe, Mercedes AMG F1 Executive Director
Paddy Lowe, Mercedes AMG F1 Executive Director
Paddy Lowe, Mercedes AMG F1 Executive Director
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1, 2016 World Championship Victory Behind-the-Scenes
Nico Rosberg, Mercedes AMG F1, 2016 World Championship Victory Behind-the-Scenes
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1
Toto Wolff, Mercedes AMG F1 Shareholder and Executive Director with Thomas Weber, Member of the Board of Management of Daimler AG celebrate with the team
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1

  すでに当サイトでも報じている通り、メルセデスのエクゼクティブディレクターであるパディ・ロウはチームを離脱し、ウイリアムズ入りを果たすことになるようだ。ロウはメルセデスが選手権3連覇を成し遂げるのに重要な役割を果たしたが、契約期間が終了すると共に、同チームにおける彼の将来は疑問視されるようになった。

【関連ニュース】メルセデスのパディ・ロウ、ウイリアムズ移籍が濃厚か?

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフとの交渉は、2016年シーズン終了まで行われたが、結局はチームからのオファーを受け入れることはできなかったようだ。

 その決断は、ロウがクリスマス休暇から戻った直後に、チームに知らされたという。motorsport.comはこの件についてメルセデスに確認を行ったが、チームからの正式なコメントを得ることはできなかった。

ウイリアムズ、ボッタスの見返りにロウの早期加入を求める?

 ロウの状況は実に興味深いと言える。なぜならメルセデスは現在、バルテリ・ボッタスの移籍についてウイリアムズと交渉をしている最中であり、このふたつの事象が、時を同じくして並行して進行しているからだ。

 ウイリアムズはボッタスを放出する見返りとして、ロウがガーデニング休暇を経ず、すぐにチームに合流できるようにすることを求めているのではないかという見方もある。

 ロウがウイリアムズに加入した際には、同チームの上級マネージメント職に就くだろう。なぜなら彼は以前より、純粋な技術職からチームを運営する立場にステップアップすることを熱望していたからだ。

 なおロウが抜けた後、メルセデスはかつてフェラーリのテクニカルディレクターを務めていたジェームス・アリソンを迎え入れるものとみられている。アリソンは現在、ガーデニング休暇中の身である。

 【関連ニュース】

フェラーリ社長「フェラーリにパディ・ロウは必要ない」

シモンズ、ウイリアムズと契約更新せず。ロウ加入への布石か?

ウルフの命令を拒否したロウ「ハミルトンは”問題ない”」

パディ・ロウ「あれは”避けられない戦い”だった」:F1アブダビGP

メルセデス、ロウとの関係悪化でジェームス・アリソンに接近か?

次の記事
【F1】ホンダ、パワーユニット一新でメルセデス式のレイアウトへ

前の記事

【F1】ホンダ、パワーユニット一新でメルセデス式のレイアウトへ

次の記事

【F1分析】新マシンの影響を分析。バルセロナの全開率が20%も上昇?

【F1分析】新マシンの影響を分析。バルセロナの全開率が20%も上昇?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble