【F1】パーマー「ルノーは2017年、最も大きな進歩を遂げるだろう」

ジョリオン・パーマーは、ルノーが2017年に最も大きな一歩を刻むF1チームになることを期待している。

 ルノーF1チームは、旧ロータスF1チームを買収し、2016年からフルワークスチームとして参戦しているが、チームは今季わずか8ポイントの獲得に終わり、コンストラクターズランキング9位と後方に沈んだ。

 ジョリオン・パーマーは2016年が難しい年になると予想していたと認めたが、チームは早い段階で2017年に集中しており、ルノーは大きな進歩を遂げることができると楽観的だ。

「来年、僕たちは良い一歩を踏み出すことができると思う」とパーマーは語った。

「今年は、タフな年になるだろうと最初からわかっていた」

「正直に言って、僕が予想していたよりも良かったし、特にシーズンが進んでからは、最大限を引き出すことができていた」

「焦点は長い間、来年の新車開発に向けられているし、チームは素晴らしい投資をしていると思う。僕たちのチームにはまだ、素晴らしい仕事をする素晴らしい人材がいる。僕たちが、来年最も大きく進歩するチームであることを願っている」

 今シーズン1度だけポイントを獲得したパーマーは、今シーズン終盤にチームと1年間の契約延長を果たした。元GP2チャンピオンのパーマーは、2016年を通して自身が着実に進歩を遂げたと考えている。

「F1での初日から、多くの改善をしたように感じている。特にシーズンの序盤は」と彼は語った。

「メルボルンはいいレースだったけど、序盤6レースでやったことと比べると、シーズン終盤の僕は改善した」

「ミスを犯していたが、シーズンが進むにつれてミスを減らしていった。マレーシアからは毎回予選Q2に進んで、レースも全体的にクリーンだった。だから、改善はかなり明らかだ」

「”学習”のルーキーイヤーだった。間違いなく難しいスタートだったし、僕自身もいくつかミスをした。でもシーズンを戦っていくにつれて、はるかに良くなっていった」

「週末をチームと共に過ごし、ペース的にも全体的なパフォーマンスも、予選やレースで基本的に良い結果を得ている」

【関連ニュース】

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-前編

【F1分析】バンドーンはハミルトンの再来となるのか?-後編

ヒュルケンベルグ、複数年契約でルノー加入。「シューマッハーのようにルノーで成功したい」

ルノー、パーマーとの契約延長を正式発表。ヒュルケンベルグとコンビに

パーマー、ルノー離脱のマグヌッセンについて「選択を間違えた」と発言

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ジョリオン パーマー
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース