【F1】パーマー、昨年のF1デビューを振り返る「精神的に辛かった」

ルノーのジョリオン・パーマーは、2016年に彼の周囲で起きた課題をクリアすることで、精神的に強くなれたと語った。

 2016年、ルノーでF1デビューを果たしたジョリオン・パーマーは、同年のマレーシアGPで10位に入賞し、自身初のポイントを獲得した。その時のことをパーマーは「キャリア中で最も精神的に辛い時期だった」と語った。

 当時のルノーは多くのドライバーと2017年の交渉をしていたため、その間のパーマーの将来は不透明であった。パーマーはルノーとの契約を継続させるためにも、操縦が難しいマシンに対処し、結果を出せるよう奮闘していた。そのようないくつかの課題を抱えながら戦うことで、彼は精神的に強くなることができたという。

「僕は去年の出来事で強くなれた」とパーマーはAutosportに語った。

「精神的に厳しい状況だった。僕は操縦の難しいマシンに対処しなければならない中で、おそらく周りからは過小評価されていた。ありとあらゆる課題が僕の前に立ちはだかった」

「"その時のレース"は、僕のシートを狙うドライバーが参戦していて、次に何が起こるのかわからないという心理戦だった。でもそれを経験することで精神力が養われたし、ドライバーとしても成長できたと思う」

「あとはロングランを改善することができれば、2017年がそれほど悪い年になるとは思わない。それ以外に課題が出てこないことを願うよ」

 またパーマーは、昨年シルバーストンで行われたインシーズンテストに参加したことで、マシンの技術的な理解度が向上したと信じている。

「技術的な知識は、去年でたくさん学んだよ」

「シルバーストンのテストでは、いろいろなことを試すことができた。その経験があるから僕たちはレースでそれを最大限に活用することができている」

「経験豊富で、貪欲に上を目指している人たちが集まっているルノーはとても良いチームだ。誰もがチームをより良くするために努力している」

Autosport / Edd Straw

【関連ニュース】

ルノー新型PU、日産との技術提携で第2世代ERSが搭載予定

ルノー元代表「ヒュルケンベルグはルノーの”リーダー”になる」

パーマー「ルノーは2017年、最も大きな進歩を遂げるだろう」

ルノー、パーマーとの契約延長を正式発表。ヒュルケンベルグとコンビに

パーマー「自分のあるべき姿をレースで証明できれば、ルノーに残れるはず」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ジョリオン パーマー
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース