【F1】ヒュルケンベルグ、6位獲得も「ルノーに開発止める”余裕”ない」

ベルギーGPを6位で終えたニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーに今年のマシンの開発を続けるように強く促している。

 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)はベルギーGP予選でビッグ3(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)のすぐ後ろである7番手を獲得。決勝ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がリタイアとなったため、激しい中団争いに打ち勝ったヒュルケンベルグは6位でフィニッシュした。

 ヒュルケンベルグがビッグ3以外の最上位でフィニッシュしたのは今季2回目。2レース前のイギリスGPでも6位となっている。

「今回の結果は自信になった」とヒュルケンベルグは語った。

「僕たちには、開発を止めるような余裕はないと思っている。他のチームがまだ作業をしていると確信しているので、僕たちも改善を続け、前進していかなければならない」

「将来を見据え、上位3チームとのギャップを埋めていきたい」

「だから、開発を続ける必要がある。それが僕たちにとって非常に重要なんだ。(次戦の)モンツァについてはわからないけど、その後の数レースでは良いモノを持ち込めると思う」

 ヒュルケンベルグは、スパ・フランコルシャンでこれほど力強いレースができるとは思っていなかったと認めた。

「言うまでもなく、6位は(フェルスタッペンの)リタイアにより得たポジションだ。でも、トップ3チームの後ろにつけていなければ、そしてそこを守らなければ得られない結果でもある」

「正直に言って、ハッピーだし良い意味で驚いている。僕のマシンのペースが、”4番目にベストなチーム”のモノだったんだ。だからとても素晴らしいよ」

【関連ニュース】

メルセデスの新エンジン投入で、深まるオイル”不正燃焼”疑惑

ホンダ、リタイアしたアロンソのエンジンに”問題”を発見できず

レッドブルに”疑問”を抱き始めたフェルスタッペン親子

続発するPUトラブルに憤慨するレッドブル「不満を抱いている」

ベルギーGP決勝:ハミルトンがベッテルとのマッチレースを制し、今季5勝目

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース