【F1】ヒュルケンベルグ、新ピレリタイヤで「全開レースまだ無理」

ルノーのヒュルケンベルグは、タイヤの性能劣化は少なくなったものの、タイヤ管理が2017年もレースを制限する要因になると考えている。

 2017年、F1には幅広で性能劣化(デグラデーション)が少ないタイヤが導入される。グリップを増加するとともに、ドライバーがタイヤを管理する必要性を減らし、レースを活発にすることが目的だ。

 しかしルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、ドライバーたちが全開でレースをするような時代が訪れるとは考えておらず、新しいピレリタイヤの性能が1スティント保つかどうかについて慎重になっているようだ。

 motorsport.comが彼に、2017年ドライバーたちはこれまでよりマシンをプッシュできるかと問うと、彼は次のように語った。

「多分……」

「僕はまだ、ずっと全開で走ることはできないと思う。そうすれば、途中で”代償”を支払うことになるだろう」

 ヒュルケンベルグは、2015年にル・マン24時間レースにLMP1クラスのポルシェワークスチームから参戦し、総合優勝を果たしている。彼はこの時、世界耐久選手権仕様のミシュランタイヤを使っており、劣化が少ないタイヤを最近経験した数少ない現役F1ドライバーのうちのひとりだ。

「僕は驚いたよ」と彼は語った。

「ポルシェでテストを始めた時、そしてスパで最初のレースをした時など、僕は学習をしなければならなかった」

「僕はピレリタイヤに慣れていたので、かなり保守的に運転しており、当初ペースが上がらなかった。少しでも積極的になりタイヤをスライドさせると、どこかの時点で後退してしまうからね。だけど、LMPマシンは違った。ラップタイムを出すためには、積極的にならなければいけなかったんだ」

「僕が学んだ中で驚いたことは、それを常に保つことができるということだ。(F1とは)全く状況が違っていたよ」

 ヒュルケンベルグは全開でレースをすることはできないと予想しているものの、新しいF1マシンのドライブはかなり楽しいモノになると考えているようだ。

「感触はこれまでと似ていると感じている。ただ速くなった」と彼は語った。

「グリップが増えたことでコーナーを速く旋回することができ、ブレーキを遅くすることができる」

「速くなるっていうのは素晴らしいことだ。確実に、ドライバーにとっては楽しくなる。間違いなく、マシンの見た目も良くなった。それが、F1に求められていたことだ」

ウイリアムズをターゲットにするルノー

 ヒュルケンベルグのチームメイトであるジョリオン・パーマーは、テストでの調子を見るとトップ3(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)以外でベストなのはウイリアムズだと考えており、ルノーはそのすぐ後ろの中団グループにいるという。

 しかし、彼はウイリアムズが手の届く位置にいると考えている。

「ウイリアムズは4番手のチームだと思う。その後ろには多くのマシンが中団グループを形成している」と彼は語った。

「僕たちはその中にいると思う。僕たちが5番手のチームなのか、8番手なのかはわからないが、本当に接近した戦いになるだろうし、ウイリアムズも手が届かない位置にいるわけじゃない」

「パワーユニットも進歩したとは思うが、上から3番目のパワーユニットと言えるだろう。その差が縮まっていることを願う。シャシーについては、レッドブルと比べると彼らがまだ僕たちより先に行っている」

「僕たちは昨年改善を重ねてきたけれど、両方の分野でまだもっと前進する余地がある」

「今年は新しい哲学のマシン、最初の年だ。だから、風洞やファクトリーで常に発見がある」

「開発の幅は大きく僕たちは資金も豊富だから、中団からスタートして、シーズンがうまくいけば5位か4位までは狙えると思う」

【関連ニュース】

【F1】ホンダを警戒するルノー「いまだに脅威。安全だと思っていない」

【F1】レッドブル、新車の改善を誓う「メルセデスとの差は0.5秒未満」

【F1】マクラーレン「ホンダはF1の”文化”を受け入れる必要がある」

ホンダ山本部長に訊く”ホンダのモータースポーツ活動の役割”

【F1】王者メルセデス加入のボッタス「僕は”ナンバー2”にはならない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース