【F1】ヒュルケンベルグ「期待通りにテストを進められなかった」

ヒュルケンベルグは、テスト中にパワーユニットの信頼性の問題が再発したため、予定通りのプログラムをこなすことができなかったと認めた。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、合同テストではERSに問題が起きたため、計画していたテストプログラムを終えることができなかったと話した。また彼は、コンスタントにポイントを獲得することも難しいだろうと考えている。

 ロータスを買収し、昨年からルノーとしてF1に参戦していたルノーF1チームだが、その昨年は厳しいレースに耐えた年だった。ルノーは今年、新たにヒュルケンベルグを起用し、最初のバルセロナ合同テストではメルセデス、レッドブル、フェラーリに次ぐ4番目の位置につけた。

 しかし昨日まで行われていた2回目のテストでは、ERSのトラブルが発生し、マイレージを稼ぐことができなかった。

 これに関してヒュルケンベルグは、バルセロナではもっと良いパフォーマンスを発揮しようとしていたと認めた。

「僕たちの期待通りだったとは思わない。でも期待に沿わなかったものをいくつか発見することができた」

「(テストは)そういうものだ。今はそれを改善し、正しい方向に進むためにも懸命に仕事をしなければいけない」

「もっと様々なセットアップを試したかったけど、信頼性の問題が起きたのでそこに時間を費やしてしまい、それができなかった。僕らがやりたかったことが全然できなかった」

「でも、もっと速くなるためのポテンシャルはある。マシンに関してやらなけれないけないことは多いけど、1年は長い。改善できると願っている」

一貫したポイント獲得は難しい

 昨年、ルノーは3回しかトップ10入りを果たすことができなかった。ヒュルケンベルグは、チームは昨年よりもよくなっているが、現時点では一貫してポイントを獲得できる保証はないと考えている。

「ルノーは昨年よりも良いところにいる」とヒュルケンベルグは話した。

「中団グループとの差が縮まった」

「上位には4チームいることは明らかだし、ポイント獲得は難しいだろう。入賞の余地はあまり多くない。難しくなるだろう」

Additional reporting by Oleg Karpov and Stefan Ehlen

【関連ニュース】

【F1】オフシーズンテスト全日程終了。最速はフェラーリ&ライコネン

【F1】オフシーズンテスト総合タイム。フェラーリ1-2で開幕へ!

【F1】ハミルトン「フェラーリの速さが”見せかけ”だなんて言ってない」

【F1】ルノー「ERSのトラブルは、ここに来て”拡大”した」

【F1】FIA、ルノーのリヤウイング支柱構造に警告。チームは再設計へ

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース