【F1】ヒュルケンベルグ「進歩できているし、良い兆候が表れている」

ルノーのニコ・ヒュルケンベルグは、シャシー面で進歩が見られており、来季に向けた開発も順調に行われていると明かした。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビデブールは、一部の新しい技術によって来季のパワーユニット性能が飛躍的にアップすることを期待しているとこれまでに明らかにしていた。

 同チームのドライバーを務めるニコ・ヒュルケンベルグは、シャシー面で進歩が見られているものの、まだ多くの作業を行う必要があると考えている。

「2018年シーズンのマシンとその開発はある程度軌道に乗っている」

 そうヒュルケンベルグは語る。

「確かに進歩できているし、良い兆候が表れている。それでもランキング上位とのギャップがまだ大きいから、僕たちはまだパフォーマンスあげていく必要があるね」

 ヒュルケンベルグは、モナコではギヤボックスのトラブル、アゼルバイジャンではクラッシュが原因でリタイアしたものの、今季のこれまでで完走した6レース中4レースでポイントを獲得している。

 彼は、今シーズンの残りのレースでもポイントを獲得することに集中すべきだ考えている。

「とにかく僕たちは残りのシーズンでもできるだけポイントを獲得できるよう努力していくべきだと思う。それはとても難しいものだ。チームは団結してレースに臨まなければいけないし、僕たちは互いに良い仕事ができるよう努めなければならない。また、時に誰かがリタイアするという、運の要素も必要だ。とにかく僕たちはレースに集中すべきなんだ」

「その中でもチームは正しい方向に進めていると思う。良いパーツがシーズンの後半で導入されるはずだ。進捗は良いと思うし、これからのレース活動に向けて励まされるよ。あとは自分の仕事に集中し、懸命に作業をこなすだけだ」

 またヒュルケンベルグは、同じエンジンを使用するレッドブルについて言及し、シャシーがかなり進歩していることを明らかにした。

「レッドブルがトップチームの1つであることは間違いない。彼らの発展スピードは、シーズンスタートからかなり強い印象を受ける。彼らは大きなステップアップを成し遂げたと思う。僕たちも同じように仕事をやって見たが、同じレベルに達せられたとは言えないだろう。僕たちはまだそのレベルじゃないんだ」

「とても小さなことだ。これまで彼らはガラリとマシンを変えてみたり、ダウンフォース値を極端にあげることもしていない。それではマシンに良い影響を与えないんだ。次の大きな変化は、シルバーストンで起こるのではないかと僕は期待している」

 【関連ニュース】

ルノー、シーズン中のPUの信頼性問題解決とパワー向上に自信

ルノー、2018年に4チームへのPU供給も可能と自信

フェルスタッペン、PUアップデートの遅れを懸念

元ルノー代表のバスール、ザウバーの代表に就任か?

ホンダ、オーストリアで”スペック3”エンジンを正式に供給開始

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース