【F1】ビルヌーブ「10代の若手が簡単にデビューするのは間違っている」

元F1チャンピオンのジャック・ビルヌーブは、同郷のランス・ストロールがウイリアムズでF1デビューを果たすことに対し、自身の思いを語った。

 昨年マックス・フェルスタッペンは17歳でF1にデビューし、18歳のランス・ストロールは来季からウイリアムズでF1デビューを果たす。どちらもF3からF1へジャンプアップした若手ドライバーだ。

 元F1チャンピオンのジャック・ビルヌーブは、10代のドライバーがF1でグランプリレースデビューすることはあまりにもF1デビューが容易に見えることを指摘し、そういった現在の傾向は間違っていると考えている。

「基本的に彼らのバッグは満杯になっているわけではない。本来であれば、バッグに半分荷物が入っている状態でF1デビューし、もう半分は自分で埋めなければならないはずだ」とビルヌーブは語った。

「しかし今の彼らのバッグは、まだ店にあってタグがついたままの新品だ。おまけにその店はまだ開店前だという! そんな状態でF1に来るのは間違っている。彼らにどれほどの才能があるのかどうかなど関係ない。これはF1だ。F1は頂点だ」

「だからそんな事態は間違っている。多くの才能を持っている可能性はあるし、最高に速く走れる可能性もあるが、それ(だけでF1デビューできるの)は間違ったイメージだ。そこ(F1)に行き着くのは難しいことのはずなのに、そうではなくなっている」

 ビルヌーブは、F3からジャンプアップしたストロールが、F1は厳しい世界であることを思い知ると確信している。その一方、ストロールが挑戦に立ち向かうことができる理由を理解しており、そのことを認めている。

 ストロールはビルヌーブがウィリアムズでデビューした21年後に、同じチームでF1デビューすることになる。

「彼は最高に速い。しかし、我々は彼のメンタリティと心理状況を知らない。なぜならF1は(他のシリーズとは)全く違った獣なのだから」

「それに初めてのキャリアで、すべてが揃っていて、最高のマシンがある最高のチームに彼が入れるわけではない」

「我々は彼がそれに対しどのように反応するのかはわからない。彼はよく教育され、しっかり喋るし、驚くほど成長したと思う。その一方で彼が崩壊する可能性もある。我々は何も知らない」

 しかし、ビルヌーブは彼がなぜキャリアが浅いうちにF1にジャンプアップできたのかを次のように理解している。

「それは問題ではない。彼はF1に来るための資金を持っているのだから。それなのになぜ待つ必要があるんだ。こうするしかないだろう。GP2でシーズンを無駄にしたり、もしくは(イメージが)傷つく必要はない」

 【関連ニュース】

ストロール「結果でペイドライバーでないことを証明する。自分の実力を信じている」

ウイリアムズ、2017年ドライバーラインアップ発表。18歳のストロールを起用

クビアトのチーム残留に噛み付くビルヌーブ。「トロロッソは”窓際”チーム」

フェルスタッペン、ビルヌーブに対する確執めいた発言に「報道に誤訳あった」

元世界チャンピオンのビルヌーブがレッドブルのルーキーに警告とアドバイス

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Jacques Villeneuve , ランス ストロール , マックス フェルスタッペン
記事タイプ 速報ニュース