F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

【F1】ピレリ、新”ワイド”タイヤの性能にはまだ疑問があると認める

ピレリは、2017年の最初の数レースで、新しい幅広のタイヤが目標を達成したかどうか、確認する必要があると考えている。

【F1】ピレリ、新”ワイド”タイヤの性能にはまだ疑問があると認める
Mario Isola, Pirelli Racing Manager
(L to R): Guenther Steiner, Haas F1 Team Principal with Mario Isola, Pirelli Racing Manager

 レッドブル、フェラーリ、そしてメルセデスのテストマシンによって大規模なテストプログラムが行われたにもかかわらず、ピレリは新タイヤには疑問符が残っていることを認めている。

 ピレリは各チームが用意したテストマシンのダウンフォースが、実際に2017年用のマシンが発生するものとはレベルが大きく異なっていたことを、その理由として挙げている。

 ピレリのF1レーシングディレクターであるマリオ・イゾラは、テストマシンのダウンフォースが劣っていたため、実際の影響についてはまだ把握できていないと考えている。

「テストマシンのパフォーマンスは少し足りなかった」

 イゾラはそうmotorsport.comに対して語った。

「テストマシンは、ダウンフォースレベルをシミュレートすることが目的だった。しかし我々は、実際に2017年に達成されるパフォーマンスをまだ見ることができていない」

「チームからもたらされた新しいマシンのシミュレーションを見た。そのパフォーマンスは、テストカーのものよりも優れているだろう」

「そのため、まだ疑問点が残っている。それは合同テストと、序盤の幾つかのレースで分かるだろう」

 イゾラはその疑問が安全性に関連するものではなく、デグラデーション(タイヤの性能劣化)と熱特性に関するものだと強調している。

「これは安全性の問題ではない。なぜなら我々の室内テストの値は、我々に与えられたチームのシミュレーション結果と比較されているからだ」

 そうイゾラは語る。

「しかし、これらシミュレーションは、一部でしかない。チームが今シーズンの後半に辿り着くと考えられるパフォーマンスとは、全く別のものだろう。コース上では、しばし高温になるはずだ」

「デグラデーションとオーバーヒートは、シミュレーションと同じになるだろうか? それはサーキット上でしかチェックできないことだ」

ドライバーからにフィードバック

 ドライバーからピレリに対するリクエストのひとつは、よりプッシュして走ることのできるタイヤだ。特にピレリタイヤになってからというもの、タイヤをセーブして走らなければならないという点について、多くの疑問が寄せられていた。ドライバーたちは、大きなデグラデーションやオーバーヒートなしに、もっと激しいレースとしたいと考えている。

 イゾラは、ドライバーたちの要求は考慮され、初期の分析では新しいタイヤがこの問題に対処できていたと語る。

「これは全く新しいコンパウンドだ」

 そうイゾラは語る。

「デグラデーションは非常に低かった。そしてオーバーヒートすることもあったが、それはすぐに最適な値に戻すことができた」

「ドライバーたちは、そのことについて特に求めていた。なぜなら、レースで別のマシンの後ろについて走ると、ダウンフォースを失うことでマシンがスライドしてしまい、そしてタイヤがオーバーヒートしてしまうからだ」

「我々の目標は、非常に短い時間でタイヤが正常な状態に戻ることにあり、それはグリップを改善することに役立つ。テストでは、この目標を達成したことを確認したが、実際のマシンで検証する必要がある。だから、我々は最初の数レースを待たなければならない」

【関連ニュース】

ホンダ、構造とレイアウト一新のPUでパフォーマンス向上へ

速くなるF1マシンに対処。オーストラリアGPのコースを一部変更

マノーF1、管財人の管理下に。チームの将来も不透明

パーマー「冬にジムをサボっていたドライバーはすぐに”バレる”」

シルバーストン、2019年限りでF1開催契約の解除を検討か?

 

シェア
コメント
【F1】ホンダ、構造とレイアウト一新のPUでパフォーマンス向上へ

前の記事

【F1】ホンダ、構造とレイアウト一新のPUでパフォーマンス向上へ

次の記事

【F1】マクラーレン「今年は去年までのコーナーが”ストレート”になる」

【F1】マクラーレン「今年は去年までのコーナーが”ストレート”になる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble