【F1】ファンにも好評のSNS規制緩和、オーストラリアGPでも適用へ

合同テストで許可されていた動画撮影などのSNS規制緩和が、開幕戦でも適用されることになった。

 これまでF1ではチームやドライバーが走行中の動画を撮影し、公開することが許可されてこなかったが、合同テストでは一時的に動画の撮影と公開が許可されていた。この規制緩和が、オーストラリアGPでも引き続き適用されることになった。

 バルセロナで行われていた合同テストでは、チームやドライバーに対して初めて、ショートムービーを撮影し公開することが許可された。またこれは、ファンにも好評な取り組みだったということも判明した。

 バーニー・エクレストンがF1のCEOを務めていた時代は、テストでの動画撮影は許されておらず、テストセッションはレースの週末と同様に扱われていた。動画の撮影に関しては、F1のテレビ放映権を管轄するフォーミュラ・ワン・マネージメント(FOM)が権利を持っていた。

 しかし先週FOMは、”手のひらサイズ”のデバイスを用いるなど一定の制限の下で、このSNSの規制緩和をオーストラリアGPでも適用することを各チームに通達した。

 またテレビ放送とのバッティングを避けるため、セッション開始前にこの動画撮影を終えなければならず、チームは走行中の撮影を行うことができなくなる。またコンテンツの権利はFOMが所持することになる。

 すでにレッドブルやウイリアムズ、メルセデスなどは、木曜日にコンテンツを発表しており、この規制緩和を享受している。

【関連ニュース】

【F1】一時的なSNS規制緩和が施行。F1チーム、SNSに動画公開

【F1】レッドブル代表、SNSにおけるコンテンツ公開の自由を望む

【F1】ハミルトン、新たなF1オーナーにSNSの規制緩和を求める

【F1】エクレストン「リバティは”バーニーの時代”を終わらせたい」

【F1】リバティ「F1運営ビジネスはこれまで以上のチャレンジだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース