【F1】フェラーリのPUチーフエンジニア、チーム離脱か

情報源によると、フェラーリのパワーユニット・チーフエンジニアであるロレンソ・サッシがチームから脱退したようだ。

【F1】フェラーリのPUチーフエンジニア、チーム離脱か

 チームの状況に詳しい確かな情報源によると、フェラーリのパワーユニット・チーフエンジニアであるロレンソ・サッシがチームから脱退したようだ。

 フェラーリはその問題に対して声明を行なっていないものの、イタリア新聞『Il Giornale』によると、サッシの脱退はフェラーリ会長であるセルジオ・マルキオンネの直接的な介入により促されたとされている。

 サッシが完全にフェラーリ社を離れるのか、もしく別グループであるフィアットに移籍し別の役割を担うのか、今後の進退については未だ不明である。

 この数日間でサッシがチームを去っていったという情報は、今季フェラーリのパワーユニットが目覚ましい進歩を遂げていたこともあり、事実であれば衝撃的な出来事である。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、メルセデスのルイス・ハミルトンに対し14ポイント差でチャンピオンシップをリードしており、F1の多くの関係者は、フェラーリとメルセデス間でエンジン性能の差はほとんどないと考えている。

 さらにサッシのチーム離脱問題は、イギリスGPに向けて導入する予定だった、技術革新によって高効果を生み出すという大幅なアップグレードよりも優先された。

 木曜日オーストリアの記者会見でベッテルは、サッシのチーム離脱に関する質問に対し明言することを避けている。

「何について話しているのかわからないよ」とベッテル。

「もう少し偉い人に聞いた方がいいんじゃないかな」

【関連ニュース】

 ハミルトン「ベッテルとフェラーリはプレッシャーを感じている」

ベッテルの”体当たり”事件の再調査についてのFIA声明全文

アリバベーネ「メルセデスとの"言い争い"よりも重要なことがある」

フェラーリ会長「フォーミュラEには参戦する意義がある」

 フェラーリ、3Dプリント応用で画期的なパワーユニット開発中?

シェア
コメント
【F1】ホンダF1元副社長のサフナウアー、ホンダの浮上を確信

前の記事

【F1】ホンダF1元副社長のサフナウアー、ホンダの浮上を確信

次の記事

【F1】サインツJr.、チーム離脱も視野に?「あらゆる機会にオープン」

【F1】サインツJr.、チーム離脱も視野に?「あらゆる機会にオープン」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム フェラーリ
執筆者 Franco Nugnes