【F1】フェラーリ、ベッテル&ライコネンの契約延長をモンツァで発表?

フェラーリのマルキオンネ会長は、来季もベッテル&ライコネンの契約を継続し、イタリアGPで発表する可能性を示唆した。

 フェラーリの会長であるセルジオ・マルキオンネは、来季もセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの契約を継続し、今年のイタリアGPで発表できればいいと考えている。

 ベッテルとライコネンは、共に今季限りでフェラーリとの契約が切れることになっている。特にライコネンについては、マルキオンネ会長の評価が高くないとして、契約継続については疑問符がつきまとっていた。

 しかしマルキオンネ会長がハンガリーGPで語ったところによれば、ライコネンが来年もスクーデリアにとどまる可能性は、50%以上だという。

 来季のドライバー選択の進捗について尋ねられたマルキオンネ会長は、次のように答えた。

「セバスチャンの問題については、すでに公言している通りだ。彼がチームに残りたいと言えば、それは歓迎する以上のものだよ」

「キミについて言えば、彼はチームに残りたいと思っていると、我々は確信している。うまくいけば、我々はすぐにそれを決めることになるだろう」

 ライコネンが契約を継続する可能性について訊かれたマルキオンネ会長は、次のように答えた。

「おそらく、50%以上だろう。まぁ様子を見よう」

 マルキオンネ会長はまた、フェラーリが9月のイタリアGPまでに、ラインアップを確定する方向で進んでいることを認めた。

「それは私が聞かされたものだ。マウリツィオ(アリバベーネ/チーム代表)がそうしようとしていると聞いた。私には計画しているような時期はない。まだ早すぎるだろう。ハンガリーGPはまだ、20戦中の11戦目だ。まだたくさんのレースが残っている」

ハミルトン加入の噂は?

 将来的には、ルイス・ハミルトンが、フェラーリに加入するのではないかといった噂もある。彼のメルセデスとの契約は2018年限りで切れるため、その後長期的な契約を結ぶことも十分に可能だ。

 しかしマルキオンネ会長は、ハミルトン獲得について考えるのは、時期尚早だと語る。

「彼のキャリアをフェラーリで終えることができるなら、それはとても光栄なことだ。しかしこれまで、ルイスとのことはあまり裏付けがない」

 そうマルキオンネ会長は語った。

「私はそういった未来について話すことはない。そして、我々はふたりの素晴らしいドライバーを抱えている。だから、代替案について話したくはない」

Additional reporting by Franco Nugnes

【関連ニュース】

【F1】ベッテル「ライコネンの方が”はるかに”速かった」と認める

【F1】ハミルトン、レース終盤”約束”を果たす「僕はチームプレイヤー」

【F1】ハンガリー決勝:跳ね馬、薄氷の1-2。アロンソ”復活”の6位+FL

【F1】フェラーリ会長「”ライコネンの件”は即座に話し合うべき」

【F1】ベッテル、フェラーリとの契約延長は「急がない」と語る

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン , セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース