F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
9 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
16 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
30 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
44 days

【F1】フェラーリ「ミック・シューマッハーが加入を望むなら喜んで!」

シェア
コメント
【F1】フェラーリ「ミック・シューマッハーが加入を望むなら喜んで!」
執筆:
2017/01/14 3:59

フェラーリは、ミック・シューマッハーが望むなら、フェラーリのドライバー育成プログラムへの”レッドカーペット”を用意すると語った。

Mick Schumacher, Prema Powerteam in the Ferrari pit garage
Mick Schumacher, Prema Powerteam in the Ferrari pit garage
Mick Schumacher, Prema Powerteam
Mick Schumacher, Prema Powerteam
Polesitter Antonio Giovinazzi PREMA Racing

 7度のF1チャンピオンであるミハエル・シューマッハーの息子ミック・シューマッハーは2015年からF4に参戦しており、今年ヨーロッパF3にステップアップする。

 メルセデスはすでに、ミックをメルセデスの若手ドライバープログラム加入に向けて動き始めているようだが、フェラーリも彼をフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)の一員として彼を迎えたいと考えているようだ。

 FDAのマネージャーであるマッシモ・リボラは「言うまでもなく、我々は彼に注目している」とイタリア誌ガゼッタ・デロ・スポルトに語った。

「それに今年はミックの近くで仕事をする機会がある。なぜなら我々FDAのドライバーであるグアン・ユー・チョウと、プレマでチームメイトになるからだ」

「将来について、ミックがどうしたいのか私には分からない。しかしもし彼がFDAプログラムに参加したいのであれば、彼は”レッドカーペット”の上を歩くことができるよ」

 リボラは、ミックのコース上でのパフォーマンスだけではなく、マシンを降りている時の彼の振る舞いにも感銘を受けたと語った。

「ミックはとても礼儀正しく、全く自惚れていない。彼の両親の教育の賜物だ」

「彼は非常に若く、メディアからの多大なプレッシャーに対処しなければならない。しかし彼はそれもうまくやっている」

 以前ミックはメディアからの過度な注目を避けるために、母親の旧姓を使い”ミック・ベンチ”という名前でレースに参戦していたが、F4に参戦し始めた2015年から本来の名義に戻している。

リザーブのジョビナッツィ

 リボラは、フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィについても賞賛している。

 ジョビナッツィはGP2参戦初年度に5勝を挙げ、チームメイトのピエール・ガスリーとチャンピオン争いを展開した。ガスリーとの争いに敗れランキング2位で終わったものの、その後フェラーリとリザーブドライバー契約を結んだ。

「彼はとても強い」とリボラは語った。

「2016年の始めには、すでに彼をアカデミーに迎え入れたいと私は思っていたので、彼がフェラーリに加わったことにとても満足している」

「彼は素晴らしい才能を持っているし、彼の態度は印象的だ。アントニオは23歳だが、F1への扉が18歳のドライバーだけに開かれているわけではない」

【関連ニュース】

【ヨーロッパF3】ミック・シューマッハー、プレマからF3参戦決定

【ヨーロッパF3】来季カレンダー正式決定。牧野参戦の噂も……?

【GP2,F1】ジョビナッツィ「フェラーリに声をかけて貰えたのは驚き」

【GP2,F1】ジョビナッツィ、フェラーリのリザーブ起用が決定

フェラーリ、エンツォ・フィッティパルディを育成ドライバーに選出

次の記事
【F1】ブランドル、モナコGP直後に心臓発作を起こしていた事を明かす

前の記事

【F1】ブランドル、モナコGP直後に心臓発作を起こしていた事を明かす

次の記事

【F1】マクラーレンCEO「2017年の目標が4位だったら失望的だ」

【F1】マクラーレンCEO「2017年の目標が4位だったら失望的だ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ミック シューマッハー
執筆者 Roberto Chinchero