【F1】フェラーリ、ライコネンとのドライバー契約延長を発表

フェラーリが声明を発表し、キミ・ライコネンが来季もチームに残ることを明らかにした。

 キミ・ライコネンがフェラーリに残留し、来季もF1を戦うことが明らかになった。

 2007年のF1ワールドチャンピオンであるライコネンは、今年がフェラーリとの契約最終年だった。そのため、ライコネンの将来については、様々な憶測が飛び交っていた。

 しかし8月22日の火曜日、フェラーリは短い声明を発表し、ライコネンが2018年もチームに残ることを明らかにした。

 ライコネンの契約が締結されたことで、そのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルとの長期契約を締結する道筋が、フェラーリには開かれたかもしれない。ベッテルとフェラーリの契約も、今年限りで切れることになっている。

【関連ニュース】

ガスリー優勝に山本部長安堵「レッドブルに良い報告ができる」

トロロッソと”交渉決裂”の噂。真相をホンダ山本MS部長に訊く

FIA、セーフティカーの"無人自動運転化"案を提唱

F1公式ゲーム『F1 2017』でeスポーツの”世界選手権”開催を発表

ベッテル、フェラーリとの契約延長は「急がない」と語る

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース