【F1】フェラーリ、SF70-Hをシェイクダウン。ライコネンが担当

25日に今季のマシンSF70-Hを発表したフェラーリは、その後フィオラノ・サーキットでシェイクダウンを行った。

 25日に今シーズンのマシン『SF70-H』を発表したフェラーリは、発表後にフィオラノ・サーキットでシェイクダウンを行った。このシェイクダウンはキミ・ライコネンが担当している。

 ライコネンとチームメイトのセバスチャン・ベッテルは、フィルミングデーに許可されている100kmの走行を分担して行う予定であり、この後ベッテルも走行を行う。

 

 他チームに関しては、すでに水曜日にザウバーがバルセロナでフィルミングデーを設けて走行を行っている。またトロロッソもミサノ(イタリア)で今シーズンのマシンを走行させたが、ルノー製パワーユニットのトラブルが発生し、途中で走行を取りやめてしまった。

 メルセデスは、木曜日にシルバーストンで新車発表会前にシェイクダウンを行った。金曜日には、ルノーがバルセロナでマシンを走らせることになっている。

Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H
Kimi Raikkonen, Ferrari SF70H

Photo by: Uncredited

【関連ニュース】

【F1】フェラーリ、”逆襲”狙う2017年マシン『SF70-H』を発表 

【F1】マクラーレン・ホンダ、新たな歴史刻む新マシン『MCL32』発表

【F1】レッドブル、2017年新車は"セクシーでレーシー!"

【F1】フォースインディア、VJM10の”不運な”ノーズデザインを解説

【F1】メルセデスW08発表。ハミルトン「寒いのにかなりグリップする」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー キミ ライコネン
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース