F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

【F1】フェルスタッペン「ハロが必要である理由が理解できない」

シェア
コメント
【F1】フェルスタッペン「ハロが必要である理由が理解できない」
執筆:
2017/07/28 3:16

FIAは2018年からハロを導入すると決定したが、フェルスタッペンを筆頭としたハロ反対派はデバイスが必要である理由が理解できないと主張している。

 FIAは2018年からハロを導入すると決定したが、すべてのF1ドライバーに受け入れられているわけではない。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)を筆頭としたハロ反対派はデバイスが必要である理由が理解できないと主張している。

 FIAは、ハロの安全面でのメリットを確かなものにするべく研究を推し進め、来季からデバイスを導入するためのプロジェクトを進行させている。

 しかしフェルスタッペンは、ファンからの反発を招くようなハロの導入は必要ないと考えている。

「ハロが気に入らない。もちろん最終的にはFIAの決定を尊重しなければならないと思うけど」

「バーチャルセーフティカーの導入によって、レース中にイエローフラッグが振られた際、スピード面での大きなリスクを減らすことができた。またホイールティザーは非常に強力だから、そう簡単に車輪が脱落することもないと思う。それにハロじゃ、車内に飛び込んでくるパーツから身を守ることはできない」

「だから僕は、ハロがなぜ必要とされるのかが理解できない」

 フェルスタッペンに対し、ハロによってF1の面白みがなくなってしまったかと訊くと次のように答えた。

「僕は自分のクルマにそんなのが載ってたら嫌だと思う。クルマに乗る前に興ざめしてしまうだろうね」

 ハースのケビン・マグヌッセンはフェルスタッペンよりも率直に、クルマの美しさが失われることによってファンが失望してしまうことに怒りを露わにしている。

「マックスの意見に賛成だ」

「F1の情熱が失われていくようだ。クルマを見ると醜く感じる。本来F1は醜いものじゃないのに」

「フェラーリが”エキサイティング”であると感じる理由と一緒だ。見た目は情熱に関連している。誰しも最悪なものを見れば、最悪だと感じるだろう」

 GPDAのディレクターであるロマン・グロージャン(ハース)は、来年ハロの実装を義務化する決断が下されたことに対し、歓迎していないと述べている。

「F1からそう発表された日は悲しい1日となった。それにまだ僕はハロに反対している」

「F1に余裕がないわけでないと思う。確かにGPDAメンバーとして、ディレクターとして、そしてひとりのドライバーとして、FIAが懸命に調査してくれたことを感謝しなければならない。その調査によって、ハロは多くの事象に対応する"安全な"デバイスであることが判明した」

「しかし、ハロのデメリットが露出するシーンもあると思う。僕たちが想定できていないいくつかの問題があるんだ。例えば、グリッド上でスタートシグナルを目視するのを誰も試していない」

「コースサイドから振られるフラッグなどは、様々なシチュエーションや場所によって見え方が違ってくる。だからハロを導入するのをもう少し様子を見る必要があると思う」

 ルノーのジョリオン・パーマーは、グロージャンの意見に同意した。

「僕も彼に同意する。ハロの導入が決定した日はとても悲しかったし、そんなの間違いだと感じた」

「僕たちが知っている、コックピットがすっきりとしたF1はもう終わってしまうんだろうね」

「他のシリーズの問題に対し、F1は過剰反応していると思う(コクピット保護システムの導入は、インディカーで起きたジャスティン・ウィルソンの死亡事故も動機のひとつになっている)。1994年(レース中の大事故が相次ぎ、アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーの死亡事故が起きた年)は、悲劇的だった。しかし、その時にハロが導入されていたとしても、防ぐことはできなかったと思う」

 パーマーのチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグもハロの必要性について疑問を呈している。

「僕はまだレースするつもりだし、引退するつもりはない」

「これまでも僕は頭部保護のためのデバイスを支持してこなかったし、今でもそうだ。でも最終的に決断するのは僕じゃない。FIAが安全規則と要件を作成すれば、僕はそれを受け入れることになると思う」

「もちろん明らかに見た目が美しくないと思うけど、それ以前に奇妙な事故が起こらない限り、今でも僕たちの安全は保証されているし、ティザーは常に改良され続けている」

「だから新たな保護システムが必ずしも必要だとは確信していない。他のすべての分野が改善を続けているし、(ハロを導入することになったら)僕たちはクルマの外観をかなり妥協させられることになる」

【関連ニュース】

 ハロ賛成派のベッテル「ハロを反対するなんて"無知で愚か"だ」

 伝説のF1王者ラウダ「ハロがF1のDNAを”破壊”する」

批判が集まる”ハロ”。GPDAは”安全”を理由に導入支持

ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明

イルモア代表が語るF1の”未来”。2021年のエンジンはどうなる?

次の記事
【F1】ベッテル、フェラーリとの契約延長は「急がない」と語る

前の記事

【F1】ベッテル、フェラーリとの契約延長は「急がない」と語る

次の記事

【F1】ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明

【F1】ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明
コメントを読み込む