【F1】フェルスタッペン、「リカルドとは再び話をする」

フェルスタッペンは、ハンガリーGPでの1周目の事故について、リカルドと再び話をすることを考えていると語る。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ハンガリーGPの1周目にチームメイトのダニエル・リカルドと接触。リカルドはマシンにダメージを負い、リタイアに追い込まれた。レース後、フェルスタッペンはリカルドに対し、謝罪するコメントを出していた。

 リカルドはこの謝罪を受け入れたが、フェルスタッペンは再びリカルドと会話する価値があるかもしれないと考えている。

「僕はすでに彼と話をした。しかし、次のレースまでのある時点で、僕は再び彼と話すことになるだろう」

 そうフェルスタッペンは語った。

「僕らは、これまでずっと良い関係を築いてきたんだ」

 レース後に話し合ったことで、関係が正常に戻ったと感じるかどうか尋ねられたフェルスタッペンは、次のように語った。

「そう思うよ。でも、このことは僕とダニエルの間だけに留めておくつもりだ」

クラッシュの説明と後半への期待

 フェルスタッペンは、ハンガロリンクのターン2で起きた事故について、オーバーテイクが難しいコースで、ひとつでも順位を上げようとした結果であり、レース開始早々に順位を上げることが、とても重要だったと語る。

「みなさんがご存知の通り、1周目にはいろんなことが起きる可能性がある。そして、できる限りベストなポジションを狙い、そしてそれを手にする必要があるんだ」

 そうフェルスタッペンは語った。

「それが、自分のポジションを確保することになる。もちろん、前に行くためにできる限り全てのことをやっているんだけどね」

「僕はロックアップしてしまい、何もできなかった。僕らは両方とも前に向かって進んでいた。でも、前に別のマシンがいたから、ロックアップしてしまったんだ。それで、ダニエルに当たってしまった。それは望ましいことじゃないけど、意図的にやったわけじゃない」

 シーズン前半、マシンの信頼性の問題など不運に見舞われてきたフェルスタッペン。彼は夏休み明けには信頼性が向上し、それに伴って結果が向上してくることを期待している。

 前半戦の評価について尋ねられたフェルスタッペンは、次のように語った。

「あんまり振り返りたくないね。僕は多くのリタイアを喫してしまったし、多くのポイントを失ってしまった」

「最初から、僕らのペースはメルセデスやフェラーリほどのものじゃなかった。しかし、僕のペースはいつも良かったと感じていたし、それはポジティブなものだった」

【関連ニュース】

フェルスタッペン、1周目のリカルドとの”同士討ち”を謝罪へ

レッドブル「FIAはフェルスタッペンを罰するのにとても”熱心”」

リカルド、接触のフェルスタッペンを”未熟者”と酷評

フォースインディア、標的はレッドブル。「諦めずに追いかける」

レッドブルに”新型”フレキシブルウイング使用の疑い!?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース