F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

【F1】フェルスタッペン「今はレッドブルがPPを狙えるとは思わない」

シェア
コメント
【F1】フェルスタッペン「今はレッドブルがPPを狙えるとは思わない」
執筆:
2017/03/19 23:32

フェルスタッペンは、レッドブルが、勝利を目指して戦うのに十分なパフォーマンスを発揮できていないことを示唆した。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing with the media
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13 leads Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08

 レッドブルは、フェラーリとメルセデス、そしてウイリアムズに次ぐ、4番目のパフォーマンスをバルセロナテストで披露した。とはいえレッドブルに対する周囲の期待は高く、開幕までにウイリアムズのペースを上回るほどの改善を施したマシンを用意するはずだと言われている。

 しかしマックス・フェルスタッペンは、レッドブルがメルセデスやフェラーリと十分に対峙することができるほどの改善を行えるとは考えていないという。

 フェルスタッペンは、オランダの新聞である『De Telegraaf』の取材に次のように語った。

「僕たちの本当の力が発揮されるまで、もう少し様子を見なければならない」

「個人的には、今はまだ勝利のために戦うことができないと思う。シーズン中に多くの変更を行うことが可能だけど、レースに勝つにはまだ十分でない」

 フェルスタッペンは、開幕戦メルボルンの予選で、現状のレッドブルのペースを見ることができると語った。しかし、ポールポジションに対する期待値は低いようだ。

 2016年シーズンのレッドブルは、開幕戦でフェラーリのペースを上回り、コンストラクターズランキング2位となった。再びそのような進歩を遂げることをフェルスタッペンは期待している。

 フェルスタッペンは彼の公式サイトで次のように語った。

「昨年と比べると、フェラーリは明らかに一歩前進している」

「メルセデスは常にトップにいると思う。彼らは自分たちでも驚いているだろう。ここ数年間、彼らはトップであり続けている」

「レッドブルが今どのポジションにいるのかを知るのは難しい。僕の意見では、まだレッドブルが最高のチームだとは思えない。もう少し様子を見る必要がある」

「開幕戦の予選結果で、僕たちは現状の純粋なパフォーマンスを知ることができるだろう。レッドブルは、自分たちがポールポジションを狙えると思っていない」

「現時点では、フェラーリとメルセデスの2チームが僕たちの前にいると予想している。うまくリズムをつかむことができれば、昨年のような展開も望めるだろう。今季はもっと良くなれると思うけど、そうなるにはさらに懸命に作業をする必要がある」

Additional reporting by Tim Gerth

【関連ニュース】

【F1】フェラーリが見せた、余裕の”駆け引き”を警戒するレッドブル

【F1】マクラーレン、メルセデスにエンジン供給の可能性を打診か?

【F1】メルセデス、開幕戦にアップデートPU投入。カスタマーにも供給

【F1テスト分析】ホンダの総走行距離1978km。メルセデスは12479km

【F1】マクラーレン・ホンダはどれほどの危機に瀕しているのか:前編

次の記事
【F1】リバティに期待のフォースインディア「コスト制限はF1に必要」

前の記事

【F1】リバティに期待のフォースインディア「コスト制限はF1に必要」

次の記事

【F1分析】なぜF1にシャークフィンが蘇ったのか?

【F1分析】なぜF1にシャークフィンが蘇ったのか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy