F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

【F1】フェルスタッペン「僕のリタイア数はアロンソと競うレベル」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ベルギーGPの序盤でエンジンシリンダーの故障が原因で今季6度目のリタイアを喫した。

【F1】フェルスタッペン「僕のリタイア数はアロンソと競うレベル」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ベルギーGPの序盤でエンジンシリンダーの故障が原因でリタイアを喫した。

 信頼性のトラブルに悩まされ続けているフェルスタッペンは、ベルギーGPで今季6度目のリタイアを喫した。さらに次戦モンツァでは、グリッドペナルティを被る可能性が高そうだ。

 フェルスタッペンはNBCのインタビューに対し次のように語っている。

「今季、僕のレース完走率は50%だ」

「チーム無線でも話したように、本当に信じられないことだよ。そのようなことが起きるなんて本当に信じられない」

「もちろん、初めのうちは不運か何かが続いているんだと思っていた。でも、今はリタイア回数において僕はフェルナンド(アロンソ)と争っている状況だ。本当に信じられないし、全く満足できないよ」

「高額なチケットを購入して僕のレースを見に来てくれたファンは、8周目で僕がリタイアしたことにさぞかしがっかりしただろうね。何も言葉が出ないよ」

 今回の結果がフェルスタッペンの将来の計画に影響を与えるかどうか彼に聞いたところ、次のように語った。

「正直話すと、僕は何も考えていない。これはチーム内で解決すべき問題だ。トップチームにおいて、こんな事態は起こり得ないことだ」

「僕は将来についてあまり心配していない。僕はレースで良い結果を得たいだけだ。今週のレースのために懸命に働いていたけど、再びリタイアに終わってしまった」

「結果からは何も起こらないし、来年や今年については何も気にしていない」

「僕たちには話し合いが必要だ。僕たちはいつもこのことについて話し合っている。現時点で、僕は満足できていないし、完走できる日を楽しみにしている」

【関連ニュース】

レッドブル、前半戦の出遅れを認めるも、”打倒フェラーリ”を掲げる

レッドブル「今季の”出遅れ”は風洞が原因」と認める

レッドブル、低ダウンフォース仕様のセットアップを断念か

ウェーバー、フェルスタッペンの成績不振の原因について言及

F1ベルギーGP決勝詳報:ハミルトンがベッテルとのマッチレースを制し、今季5勝目

シェア
コメント
【F1ベルギーGP】決勝詳報:ハミルトンがベッテルとのマッチレースを制し、今季5勝目

前の記事

【F1ベルギーGP】決勝詳報:ハミルトンがベッテルとのマッチレースを制し、今季5勝目

次の記事

【F1】オコン、ペレスとの再三の接触に怒り「僕の命が脅かされた」

【F1】オコン、ペレスとの再三の接触に怒り「僕の命が脅かされた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ロケーション スパ・フランコルシャン
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Charles Bradley