【F1】フェルスタッペン、1周目のリカルドとの”同士討ち”を謝罪へ

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ハンガリーGPの1周目にチームメイトのダニエル・リカルドと接触したことを謝罪すると語った。

 ハンガリーGP決勝の1周目、グリッド3列目から好スタートしたレッドブルの2台に、まさかの展開が待っていた。マックス・フェルスタッペンがターン3でロックアップし、ダニエル・リカルドのマシン側面に突っ込んでしまったのだ。

 その結果、リカルドのマシンはラジエーターにダメージ。冷却液が漏れてしまい、リカルドはスピンし、リタイアとなった。

 フェルスタッペンはレース後、「もちろん、望んだような結果ではなかった」とTVクルーに語った。

「すべては、ターン1から始まったと思う。スタートは実際かなり良かったが、(メルセデスのバルテリ)ボッタスがワイドに膨らんできて、僕はかなり失速した」

「僕たちはふたりともターン2でポジションを争っていて、どちらもすごく深い位置でブレーキをかけた。僕はイン側をキープしようとしていたが、タイヤがロックしてしまった。そして、不幸にもダニエルのマシンの最も弱いところ、マシン側面に接触してしまったんだ」

「もちろん、僕はダニエルとの接触を避けようとしたけど、残念ながらそれは不可能だった」

 当てられたリカルドは、フェルスタッペンの動きを”アマチュア”だと酷評している。フェルスタッペンは、ふたりの関係に影響が出ないよう、素早く”行動”すると述べた。

「僕は誰にも当てるつもりはなかったんだ。特にそれがチームメイトならなおさらだ。僕はダニエルと常に良い関係を築いているし、お互いに笑い合えるような関係なんだ」

「今回のことは良くないことだし、僕はダニエルに謝る。チームにもだ。本当なら、ここ(ハンガロリンク)で僕たちは多くのポイントを獲得できるはずだったんだ。ダニエルとプライベートで話し合い、問題を解決するつもりだ」

【関連ニュース】

リカルド、接触のフェルスタッペンを”未熟者”と酷評

F1ハンガリーGP 決勝:跳ね馬、薄氷の1-2。アロンソ”復活”の6位+FL

メルセデス、フェラーリの復活は「コース特性が合っているだけ」

マクラーレン、来季マシンを見据え、PU契約締結の期限は”9月”

リカルド、レースに期待「たくさんの友達を作るつもりはない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ハンガリーGP
サーキット ハンガロリンク
ドライバー ダニエル リカルド , マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル
記事タイプ 速報ニュース