【F1】フォースインディアのカーナンバーは違反? FIAが問題視

フォースンディアは、スペインGPのスチュワードにより、カーナンバーに関する規則違反の疑いで召喚された。

 FIAはチームに対し、スペインGPからマシンに表示するカーナンバーとドライバー名についての要件を満たすよう、指示をしていた。これにより、高さ230mm以上のカーナンバー、高さ150mm以上のドライバー名を、マシンの”はっきり見える場所”に表示することが義務付けられていた。

 レース後にFIAのスチュワードは、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンのマシンのカーナンバーは、基準を満たしていないと指摘した。しかし、実際の問題が何だったのかについては明言されていない。

「レースディレクターからの報告に基づき、11号車と32号車はFIA フォーミュラ・ワン・スポーティングレギュレーションの第9条2項に違反し、基準が守られていない」

 そうスチュワードは発表した。

 召喚されたフォースインディアだが、スペインGPでは今季最高のレースを披露。ペレスは4位、オコンは5位でフィニッシュした。

【関連ニュース】

【F1】"大きな"カーナンバーとドライバー名表示、スペインGPから義務化

【F1スペインGP】ファン満足度向上のため参加型イベントを実施

【F1】F1のCEO「SNS規制緩和は成功。スペインGPでは新たな施策を」

【F1】フォースインディア、メルセデスのホンダ救済策に断固反対

【F1】フォースインディア、スペインGPで大掛かりなアップデートを用意

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー エステバン オコン , セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース