【F1】フォースインディア「もう二人に自由なレースはさせない」と主張

ペレスとオコンの接触についてフォースインディアは、もうふたりのドライバーに自由なレースを許すことはないと語った。

 ベルギーGPの決勝レースでは、フォースインディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコンがまたもや接触してしまった。これについてチーフオペレーティングオフィサーのオットマー・サフナウアーは、もう彼らに自由レースをさせることはないだろうと話した。

 ペレスは、オー・ルージュの上り坂の手前でオコンをウォール側へ幅寄せしたように見えた。これによって両者は接触。オコンはフロントウイングを壊し、ペレスは右のリヤタイヤがパンクしてしまった。

 今年はアゼルバイジャンGPでもチームメイト同士で接触しており、その時もふたりともマシンにダメージを追っていた。

 バクーでの件については、あの接触は両者の責任であり、今後も自由にレースをさせることになるだろうとチームは明かしていた。しかし今回の一件を受けてサフナウアーは、ふたりの扱い方を変更することになると話した。

「皆さんがテレビで見ていたモノを私も見たまでだ。セルジオがエステバンをウォールの方へ押し寄せ、彼(オコン)のパーツが飛んだように見えた」

「今後は、彼らがああいうことになる可能性は二度とないだろう。今まで我々は彼らにレースをさせてきた。もし彼らがあんなことにならなければ、チームにとっては良いことだが、それでは彼らがレースをできなくなってしまう」

「彼らは接触すべきではなかった。我々はレースをする自由を与えてきたし、私も常にそう話してきた」

「もしもう一度こういうことが起きたら、そしてもしバクーでのようなことがもう一度起きたら、その時はそこでレースを終わりにするだろうと彼らには話していた」

「我々がランキング4位に留まろうとするのなら、何かを犠牲にするようなことはしないだろう。しかし今回はポイントを失ったのだ」

 今回のインシデントは、フォースインディアが前を走るオコンよりもペレスを先にピットインさせ、それについてオコンが不満を述べた直後に起きたものだった。

 チームは、ペレスにはペナルティがあるので先にピットへ入れたのであり、ペレスが先にピットインをしても、最終的にはオコンの方が新しいタイヤを履いてペレスの前を走ることができると彼に説明していた。

 ファンはレースを見たがるのではないかとサフナウアーへ尋ねると、彼はその意見には賛成だが、チームメイトというのは接触してはいけないものだと主張した。

「確かに、その意見には賛成だ。だから彼らにレースをさせてきた」とサフナウアーは話した。

「しかし一度安全に関する問題が起き、互いに接触したとなると、それは我々の手で対処しなければならない」

 なおベルギーGPでこのふたりが関係したインシデントはこれだけではなかった。オープニングラップでもオコンはオー・ルージュ付近でウォールへ押しやられていたが、この時は大きなダメージを負うこともなかった。

 問題となっている二度目の接触後、オコンは最終的に9位でレースを終えた。一方ペレスは、ラスト2周のところでピットへ入りリタイアとなった。

【関連ニュース】

F1ベルギーGP 決勝:ハミルトンがベッテルとのマッチレースを制し、今季5勝目

メルセデス、今後も”チームオーダー”を発動する可能性を認める

またもチームメイトと接触のオコン「今後はもっと気をつける」/ハンガリーGP

ペレス、オコンへ"十分に賢くなる"よう要求「物の見方を変えて」/アゼルバイジャンGP

オコン、チーム上層部と会談「あの接触の責任はふたりにある/アゼルバイジャンGP

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー エステバン オコン , セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース