【F1】フォースインディア「オコンがメルセデスの育成でも問題ない」

フォースインディアのチーム副代表であるボブ・ファーンリーは、エステバン・オコンがメルセデスと長期契約を交わしていても問題ないと語る。

 今季のフォースインディアには、昨年マノーでF1デビューを果たしたエステバン・オコンが加入した。しかしオコンはメルセデスの育成ドライバーであるため、メルセデスの意向次第では、短期間でチームを離れる可能性も考えられなくはない。

 しかしフォースインディアのチーム副代表を務めるボブ・ファーンリーは、そのような懸念は持っていないと主張する。

「そういうことはない。彼は2年間、フォースインディアのドライバーを務める。それだけだ」

 そうファーンリーは語る。

「彼は誰か他のドライバーで代用することはできない」

「しかし、もし彼ら(メルセデス)が彼にテストするように求めていたら、私は彼にそれをさせることを非常に喜ばしく思う」

 歴史的に見れば、これまでF1チームは、ライバルチームの息がかかり、すぐにチームを離れてしまう可能性のあるドライバーを育てることを避けてきた。ファーンリーは、オコンも同じように契約が終わればチームを離れる可能性があることを認めるが、フォースインディアに長期的の滞在することを喜んでいるはずだと確信している。

「我々は別のドライバーと、2年間の契約を結ぶことができた。その後彼は、上位チームに移籍することを決めた」

 そうファーンリーは付け加えた。

「何をしようと、チームとドライバー両方の視点から、最適化する必要があるというのが答えだと思う」

「もしトップで戦っていれば、彼らの移籍したいという欲望を制限するだろう」

【関連ニュース】

2017年に備えるオコン「今までの数倍トレーニングをしている」

フォースインディア、2月22日にシルバーストンで新車発表

フォースインディア、ジョニーウォーカーとスポンサー契約を締結

フォースインディア「来年の4位争いはタイトになる」

メルセデス、ボッタス”移籍”の対価としてウイリアムズに経済支援

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン
記事タイプ 速報ニュース