【F1】フォースインディア、カラーリング変更。ピンク色に一新

フォースインディアは、マシンのカラーリングを変更。新たにピンク色を身にまとい、シーズンを戦っていくことになる。

 フォースインディアは、マシンのカラーリングを一新することを発表した。

 フォースインディアのマシンは、バルセロナテストまでは見慣れた銀色のカラーリングだった。しかし、水処理技術の専門企業であるBWTとスポンサーシップ契約を交わしたことにより、カラーリングを一新。ピンク色を身にまとい、2017年シーズンを戦うことになった。マシンのカラーリングだけでなく、セルジオ・ペレスとエステバン・オコンのヘルメットも、カラーリングが変更されるという。

 チームオーナーであるビジェイ・マリヤは、「BWTがF1に参入することはとても大きなニュースだ。そして、我々の10年の歴史の中でも、最も重要なパートナーシップのひとつである」と語る。

「今回の契約は、我々のチームがどれほど素晴らしい成績を残してきたかということの証であり、冬の間に堅実なコマーシャルのパフォーマンスを完成させる」

「2017年の我々のマシンは、スマートなマット仕上げの、新しいカラーリングを身にまとった、魅力的なクルマになる。クルマの色を変えるということは、新しいパートナーシップの強さを示すものだ。そして、BWTがこのF1というスポーツとの関係を開始したという本当の意味の声明である」

【関連ニュース】

【F1】フォースインディア、VJM10の”不運な”ノーズデザインを解説

【F1】ペレス「重大な弱点が見つかったが、解決は時間の問題」

【F1】ペレス「新旧マシンの違いはGP2とF1の違いに似ている」

【F1】フォースインディア「今季の”開発戦争”で必要なのは量より質」

【F1】フォースインディア、2017年型マシンVJM10を発表

【F1】ギャラリー:フォースインディアVJM10ディテール

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース