【F1】フォースインディア、2017年型マシンVJM10を発表

フォースインディアは、2017年型のF1マシンであるVJM10をシルバーストンで発表した。

【F1】フォースインディア、2017年型マシンVJM10を発表
Sahara Force India F1 VJM10
(L to R): Sergio Perez, Sahara Force India F1 and team mate Esteban Ocon, Sahara Force India F1 Team with the Sahara Force India F1 VJM10
Sahara Force India F1 VJM10
The Sahara Force India F1 VJM10

 フォースインディアはイギリスのシルバーストンで2017年シーズンを戦うニューマシン、VJM10を初披露した。

 フォースインディアにとって、昨シーズンはチーム史上最良の年となった。セルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグのコンビで順調にポイントを重ね、メルセデスやレッドブル、フェラーリといったトップ3に次ぐ、コンストラクターズランキング4位を獲得したのだ。ペレスは、モナコとバクーの2回表彰台に上がっている。

 今シーズンは、ヒュルケンベルグがルノーに移籍。昨年マノーでF1デビューしたエステバン・オコンが、ペレスと新たにコンビを組む。チームが昨年のリザルトを再現するため、そしてあわよくば”トップ3”の一角を崩すために、ニューマシンVJM10には大きな期待がかかっている。

 発表されたVJM10は、ノーズ中央部は前方に長く伸び、フロントウイングステーのノーズ側の付け根が大きく後方に設けられている。

 コクピット前方には大きな段差があるが、この部分の気流の剥離を避けるための”Sダクト”は、現時点では設けられていないようだ。

 さらにひと際大きなシャークフィンが目を引くと共に、エンジンカウル後端を極端に絞り込むことで、リヤタイヤ内側のフロア上面に大きなスペースが空けられている。

【関連ニュース】

【F1】ペレス「僕たちは来年、”トップ3”と戦えるかもしれない」

【F1】フォースインディア「来年の4位争いはタイトになる」

【F1】ペレス「ヒュルケンベルグとのコンビがチームを本当に速くした」

【F1】2017年に備えるオコン「今までの数倍トレーニングをしている」

【F1】フォースインディア、オコンと複数年契約を締結

シェア
コメント
【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

前の記事

【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーを継続

次の記事

【F1】ギャラリー:フォースインディアVJM10ディテール

【F1】ギャラリー:フォースインディアVJM10ディテール
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1