F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

【F1】フランスGPがF1に帰ってくる? 2018年からポール・リカールで開催か

フランスGPが、2018年にポール・リカールで行われる可能性が高まってきたようだ。

【F1】フランスGPがF1に帰ってくる? 2018年からポール・リカールで開催か
Paul Ricard Circuit ambiance
Daniil Kvyat, Red Bull Racing RB11
Stoffel Vandoorne, McLaren MP4-30

 ドイツGPやブラジルGPといった、いくつかの歴史的なレースの存続が危ぶまれている中で、フランスが10年振りにスケジュールに帰ってくるようだ。ポール・リカール・サーキットで2018年からレースが行われることが、月曜日に発表される予定となっている。

 ヨーロッパ1による報道によれば、レースはプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏(PACA)やヴァール県、トゥーロン市などいくつかの地方自治体の援助により組織されるようだ。

 契約期間は、2018年から2022年間での5年間とされている。

 フランスGPの復帰に関する公式発表はまだ行われていないが、記者会見が来週に予定されているようだ。

 フランスGPの将来に関するこの会見は、パリにあるフランス自動車クラブの施設で行われ、フランスのモーターレーシング統括団体FFSAのニコラス・デショー会長と地域圏議長であるクリスチャン・エストロジが出席する。

 フランスGPは、ヌヴェールのマニクール・サーキットで行われた2008年のレースを最後に開催されていない。ポール・リカール・サーキットは、1971年から1990年の間に、計14回フランスGPを開催している。

【関連ニュース】

ホッケンハイム、来季カレンダーの正式決定を前に、ドイツGP開催を断念

エクレストン「ブラジル&ドイツの2017年F1開催は危機的状況」

トト・ウルフ「メルセデスがドイツGP開催を支援することはない」

【WEC, FE】来季フォーミュラEニューヨークとWECドイツのバッティングが濃厚か?

シェア
コメント
【F1】レッドブル、エクソンモービルとパートナーシップ締結。マクラーレンとの関係終了

前の記事

【F1】レッドブル、エクソンモービルとパートナーシップ締結。マクラーレンとの関係終了

次の記事

【F1】ロズベルグ「鈴鹿で流れが変わった。そこから、プレッシャーを感じ始めた」

【F1】ロズベルグ「鈴鹿で流れが変わった。そこから、プレッシャーを感じ始めた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble