【F1】ブルツ「F1の安全性を高め、時速450kmまで速くするべき」

アレクサンダー・ブルツは、F1マシンの安全性が高まれば、マシンを速くすることでF1の興奮要素を引き上げることができると語った。

 F1で3度の表彰台獲得を経験したアレクサンダー・ブルツは現在、F1ドライバーの選手会組織、グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション(GPDA)の会長を務めている。

 彼はダウンフォースとスピードが大幅に増加したF1を見てみたいと語ったが、それが可能なのは、ドライバーの怪我のリスクが軽減された場合にのみだということを強調した。

「もし僕がF1の将来を決めるなら、もっとマシンを速くするだろう」

 そうブルツはmotorsport.comに語った。

「マシンにもっとダウンフォースをつけ、時速450km出せるマシンにすることはできる。そしてマシンがもっと安全になれば、市街地という最も過激なコースでレースをすることもできる」

 ブルツはコックピット保護デバイス『ハロ』の2017年導入を目指して活動していたが、最終的に導入は2018年まで延期された。彼は安全性をさらに追求することで、多くのファンがF1への興味を失っている理由だと言われる、現行のルールに存在する多くの問題点を排除することができると考えている。

「ものすごく広いランオフエリアは必要ない。(マシンが安全になれば)誰も納得していないような制限をする必要はないんだ」

「F1は常に、お茶の間で見ているファンにこう思わせる必要がある。『僕にはこんなこと絶対にできない。ものすごく勇気があり、才能のあるドライバーだけがこれをできるんだ』ってね」

「もしマシンが安全でないのなら、レースディレクターはドライバーたち(を守ること)に気を配らなければならないだろう。何かが起こった時に刑務所には行きたくないからね。そうなれば、僕たちはこれまで来た道をまた戻ることになるだろう」

「マシンをもっともっと安全にして、それ以外はすごくアグレッシブにすべきだと僕は思う。安全になれば人間の生命が危機にさらされることは減る」

 ブルツは、もしF1が将来この方向性を採るならば、長期的な視点で考える必要があると語る。

「これは僕の長期的なビジョンだ。短期的なビジョンしか持っていない人々にはうまくいかないだろう」

「僕が正しいのかどうかは確信できないが、それはみんなで決めればいい話だ」

【関連ニュース】

F1チーム、2017年のハロ導入に対し反対票を投じる

ブルツ、ハロ導入延期で”後悔”しないことを願う

ロズベルグ「ハロの導入延期に”失望している”」と語る

マグヌッセンの火事でハロの問題点が浮き彫りに。「ハロがあったら……」

【F1分析】”気流の流れ”が一変!? 2017年空力規則を解析

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Alexander Wurz
記事タイプ 速報ニュース
タグ halo