【F1】ベッテルとライコネン、FP1で3基目のターボ投入

シェア
コメント
【F1】ベッテルとライコネン、FP1で3基目のターボ投入
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2017/04/28 12:21

ベッテルとライコネンは、FP1で早くも3基目のターボチャージャーを投入していたことがわかった。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは、ロシアGPのフリー走行1回目で、3基目のターボチャージャーを投入していたことが明らかになった。

 今シーズンからは、5基目のエレメントを投入した際にペナルティを受けることになっている。またこのレギュレーション変更により、一度のレースで数種類の新品エレメントを投入し、それらのエレメントを"プール"しておくことができなくなった。過去には、ルイス・ハミルトン(メルセデス)やフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がこの手段を用いて、一度のレースでまとめてペナルティを消化していた。

 フェラーリのふたり以外にも、ロマン・グロージャン(ハース)も3基目のターボを投入。またカルロス・サインツJr.(トロロッソ)は、3基目のMGU-Hを使用している。

 なお、ストフェル・バンドーン(マクラーレン)は5基目のターボとMGU-Hを使用することが決定し、シーズン4戦目にしてグリッドペナルティが決定した。バンドーンはパワーユニット全体を交換するため、日曜日のレースでは、15グリッド降格のペナルティを受ける予定だ。

 チームメイトのフェルナンド・アロンソは、現在はターボもMGU-Hも3基目を使用している。

【関連ニュース】

【F1ロシアGP】FP1:ライコネン首位。バンドーンにまたしてもトラブル

【F1】バンドーン、トラブルでPU交換へ。ペナルティは避けられず

【F1】ホンダ、ロシアGPに新MGU-H投入。バーレーンでの問題に対処

【F1】ベッテル「メルセデスに勝つには、ひとつずつのステップが重要」

【F1】ライコネン、フェラーリ会長との関係は「問題ない」

次の F1 ニュース
【F1】フェルスタッペン「まだ上位2チームとのギャップがある」

前の記事

【F1】フェルスタッペン「まだ上位2チームとのギャップがある」

次の記事

【F1】バンドーン、トラブルでPU交換へ。ペナルティは避けられず

【F1】バンドーン、トラブルでPU交換へ。ペナルティは避けられず
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ロシアGP
ロケーション ソチ・アウトドローモ
ドライバー キミ ライコネン 発売中 , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース