【F1】ベッテル、スパでは「メルセデスの方が適している」と認める

ベッテルは、フェラーリよりもメルセデスの方がスパのトラックに適したマシンであると認めた。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ベルギーGP初日のフリー走行では納得のいく走行をすることができなかったと語った。また、スパではフェラーリよりもメルセデスの方が適していると認めた。

 フリー走行2回目では、トップタイムのルイス・ハミルトン(メルセデス)から1秒近く遅れたタイムでセッションを終えたベッテル。彼はチームメイトのキミ・ライコネンにも遅れをとった。

 ベッテルは、フリー走行ではショートランでのフィーリングに苦労しており、本来ならこなせたはずの仕事ができなかったと話した。

 そのフリー走行についてベッテルは、「全然満足できなかった」と語った。

「全体的に、マシンはOKだった。でもそれをもっとまとめていく必要がある。まずまずだったけど、特にショートランではリズムをつかむことができなかった」

「ロングランの方が良かった。仕事をこなせて、速く走れていたと思う。だけどそれを正しい方向へもっていくことが必要だ。僕は自分の仕事をしなければいけない。そうすれば良くなるはずだ」

「今日はベストな仕事ができていなかった。自分が望んだとおりのリズムをつかむこともできなかった。でももっと速く走ることができるということはわかっている」

 金曜日の走行を鑑みて、スパではメルセデスの方が適しているとベッテルは認めている。しかし彼は、パフォーマンスを改善し、フェラーリがメルセデスへ”厳しい時間”を与えることができるよう望んでいる。

「彼らはとても強いと思う」

「コース上へ出るときはいつでも、彼らは速く走ることができる可能性を持ち合わせている。ここは長いトラックだし、全てをまとめることは簡単ではない」

「みんなが見ているのはラップタイムだけど、それ以上のものがある。彼らは間違いなく本当に手強い」

「金曜日に物事を判断するのは難しい。なぜなら、土曜日にはみんなステップを踏むことができているからだ。もし僕たちも同じようなことができれば、彼らに近づくことができるだろう。メルセデスはこのトラックに適しているけど、僕たちは彼らを苦戦させるためにここにいる」

「マシンのグリップは良かったけど、正しいバランスを見つけなければいけない。リヤがかなり滑ったし、フロントも流されてしまった」

「そのどちらの要素も、それぞれドライビングに影響を与えるものだ。でも明日は良くなるはずだ」

【関連ニュース】

F1ベルギーGP FP2詳報:ハミルトン首位。フェラーリに0.2秒差

ベッテル、契約延長について「新しいニュースはない」

メルセデス、ベルギーGPでアップグレードしたエンジンを投入

フェラーリ、ベルギーGPでエアロ&サスペンションをアップデート

ハミルトン「ベッテルは僕のチームメイトになりたくないだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース