【F1】ベッテル「ハロを反対するなんて"無知で愚か"だ」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ドライバーの命を救うのに役立つハロの導入を反対するのは「無知で愚かだ」と主張している。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、ドライバーの命を救うのに役立つハロの導入を反対するのは「無知で愚かだ」と主張している。

 FIAは2018年からハロを導入することを決定したが、それは多くのファンからの反発を招いた。しかしベッテルは、2015年インディカーのレースで起こったジャスティン・ウィルソンの死がハロ導入の動きを正当なものとする十分な理由であるのにも関わらず、それを妨げられている可能性があると発言した。

「それを導入するかどうかについて、誰の心の中でもなんの疑いもないはずだ」

 そうベッテルは、ハンガリーGPの前に言った。

「僕たちを保護してくれるシステムが普通に導入されることになれば、少し前のジャスティン・ウィルソンなら受け入れたと思う」

「僕たちも彼を救うために喜んでハロを受け入れるだろう。もう過去に戻ることはできないけど、あるシナリオなら僕たちを守ってくれる何かがあることを理解している。それを無視するなんて、無知で愚かなことだ」

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソもその意見に口を揃えている。彼はハロがドライバーの人生を守ることができれば、そのシステムを導入する価値があるという。

「僕は賛成だ。ハロの導入にポジティブだ」

「僕たちの頭上にある保護システムがひとりのドライバーの命を救うことができれば、それを導入する価値があると思う」

「残念なことに、シングルシーターでキャリアを続けていく中、僕は何人かの僕の友達や同僚を失った。ジャスティン・ウィルソンやジュール(ビアンキ)の身に起きた事故では、保護システムが役に立っていた可能性がある。美学的観点で言えば、世界を喜ばせることは難しいと思うけど、事故によって命を失うことはなくなるはずだ」

「50年前、F1にはシートベルトすらなかったことを知っている。最近、SNSや色んなところで多くの人々が”F1はシートベルト無しでなくてはならない。それがF1のDNAだ”って主張していると思う。でもそんなことはない」

「安全性を向上させるデバイスがあれば、まずそれを活用したい。そして将来的に見た目にも気を配ったらいいと思う」

スリルは消えない

 ドライバーの中には、保護システムの導入によって"危険"が少なくなり、F1が刺激的ではなくなる可能性があると考える者もいるが、レッドブルのダニエル・リカルドはそう感じていないようだ。

 スリル感が少なくなるかどうかについて、リカルドに訊くと次のように答えた。

「確かに危険であることは刺激的だ。でも僕の場合、クルマに乗っている時に頭を打つことがレースをする上での醍醐味である”スリル”に当たるとは思わない」

「スリルとは、ストリートサーキットでマシンを限界までプッシュし、ほとんどのコーナーでクラッシュ寸前な状態のことだ。オーバーテイクしようとしても、結局クラッシュする可能性があるくらいね」

 またキミ・ライコネン(フェラーリ)も、F1にシステム導入されることに対し、その欠点は見当たらないと語っている。

「僕はそれが僕たちのドライビングに支障をきたすとは思わない。ハロがあることすら意識しないと思う。それにまだ完全に導入されてもいないのに頭ごなしに何かを言うのはナンセンスだ。(ハロについて批判的な)意見を持っている人はF1を運転したことがない人だろう」

「純粋に安全を向上させるシステムなんだ。良いものだと思う。それによって重大な事故を避けることができるのであれば、それを導入するべきだと思う」

Additional reporting by Ben Anderson and Lawrence Barretto

【関連ニュース】

 伝説のF1王者ラウダ「ハロがF1のDNAを”破壊”する」

批判が集まる”ハロ”。GPDAは”安全”を理由に導入支持

戦慄のアロンソ大クラッシュ、ハロがあったらどうなっていた?

ザウバー代表、ホンダとのパワーユニット供給契約の白紙化を説明

イルモア代表が語るF1の”未来”。2021年のエンジンはどうなる?

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド , フェルナンド アロンソ , キミ ライコネン , セバスチャン ベッテル
記事タイプ 速報ニュース