【F1】ベッテル、メルセデスを警戒。雨予報の中国GPは「予測不能」

ベッテルは、開幕戦で勝利したものの慎重な姿勢を崩さず、中国GPでもメルセデスが優勝候補だと話した。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、開幕戦オーストラリアGPでポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)を逆転し、フェラーリに勝利をもたらした。

 この勝利はフェラーリにとって2015年シンガポールGP以来のものであり、チームが合同テストで見せた強さは本物であったと考える人もいるようだ。

 しかしベッテルは、メルセデスは依然として倒すべきチームであり、フェラーリは彼らについていくためにも、もっとハードに仕事をしなければならないと考えている。

 中国GPに向けたプレスカンファレンスに出席したベッテルは、「メルセデスは優勝候補のはずだ」と話した。

「開幕戦では勝てたけど、僕たちはレースごとに進歩していかなければならない」

「僕たちには、良い位置でレースができるパッケージがあるということはわかっている。でも良いレースを戦うためにも、今のポジションを維持して彼らについていくために、やるべきことがたくさんある」

「誰にとっても、勝利は特別な"薬"だ。勝利して前進することができたら、それは良いことだよね」

「開幕戦が終わったところで、今年は昨年よりも良い状態だと言うことは簡単だ。でも、たった1レース終わっただけだ。チームは改善してきているし、僕たちは(昨年より)良い位置にいる。チームのスタッフも満足している」

「今の仕事の進め方には自信を持っているし、今後もこの流れを続けていきたい」

 またベッテルは、オーストラリアと中国の異なるサーキット特性も考慮した上で、開幕戦で勝利を挙げたからといって、次の中国GPでも勝利を争えるというわけではないと考えている。

「完全に異なるサーキットだ」とベッテルは話した。

「天候も全然違う(中国GPは雨予報)。ここは常にサプライズに溢れたグランプリだ」

「2007年に初めてここでレースをした。僕は当時トロロッソに所属していて、17番手か18番手からスタートし、4位でフィニッシュした。あのときは雨が助けになった。ここでは何が起きるかわからない」

「タイヤやマシンに関して、ここはトラック次第だ。もちろんドライバーもだ。だからここで何が起きるのかを予想するのは難しい」

Additional reporting by Jonathan Noble

【関連ニュース】

【F1】フェラーリ「我々が本当にメルセデスより速いかわからない」

【F1】運も味方にしたベッテル「正真正銘のレースができて楽しかった」

【F1】4位のライコネン「フェラーリの1-2フィニッシュは実現する」

【F1】メルセデス「フェラーリが勝者に相応しい。戦略ミスではない」

【F1】リベンジ誓うメルセデス「”支配”が永遠に続くとは思っていない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 中国GP
サーキット 上海国際サーキット
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ , メルセデス
記事タイプ 速報ニュース