【F1】ベッテル、レッドブルが先頭争いに加わることを「願っている」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、レッドブルがスペインGP以降、競争力を取り戻すのを期待している。

【F1】ベッテル、レッドブルが先頭争いに加わることを「願っている」
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Max Verstappen, Red Bull Racing RB13
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB13
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W08, Max Verstappen, Red Bull Racing RB13, Felipe Massa, Williams FW40
Second place Sebastian Vettel, Ferrari, congratulates Race winner Valtteri Bottas, Mercedes AMG F1

 今シーズン序盤、出遅れる形となってしまったレッドブル。彼らは空力開発に定評があるため、レギュレーションが大きく変更された今季は躍進するはず……という見方が強かった中、現在の状況は意外とも言える。

 レッドブルはその状況を打破するため、RB13の開発を進めており、次のスペインGPにはアップデートが加えられると言われている。

 元レッドブルで、現在はフェラーリに在籍するセバスチャン・ベッテルは、スペインGPでレッドブルにアップデートがもたらされれば、状況が一変する可能性があると考えている。

「それによって、メルセデスや僕らとの、非常に接近したレースになると思うし、僕はそれを願っている。レッドブルがペースを上げてくることを願っているんだ」

「(アップデートに関して)たくさんの噂がある。彼らは強いチームだし、速いクルマをどう組み立てればいいかを理解している。だから、それは時間の問題だろう」

「もし速くなれば、僕らにとってはよりエキサイティングになる。僕らには適切な人材や道具が揃っているから、進歩を遂げることができると思う。だからあとは、他チームが何をしてくるかにかかっている」

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、チームの状況は簡単ではないと認めたものの、次のスペインGPで何ができるか、楽しみにしていると語った。

「我々は自らに対し、すべき課題を多く与えてきた。しかし、チーム全体がそれに集中している。そしてうまくいけば、次のレースから我々は進歩を始めることができるはずだ」

【関連ニュース】

【F1】レッドブル、ルノー製PUの大型アップグレードを待ち望む

【F1】レッドブル、ソチでの”大苦戦”は「驚きではない」

【F1】レッドブル、2021年以降のエンジンの方向性次第で撤退を示唆

【F1】フェルスタッペン、レッドブルのレースペースに驚く

【F1】"大きな"カーナンバーとドライバー名表示、スペインGPから義務化

シェア
コメント
【F1】FIA、年内のDRSゾーン拡大はなしと発表も、可能性は排除せず

前の記事

【F1】FIA、年内のDRSゾーン拡大はなしと発表も、可能性は排除せず

次の記事

【F1】ベッテル退け優勝のボッタス「タイヤは大ダメージを負っていた」

【F1】ベッテル退け優勝のボッタス「タイヤは大ダメージを負っていた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble